アーカイブ

民事事件(みんじじけん)

厳密に言うと,審判対象が私法にもとづく権利義務であるところの事件又は審判対象が私法によって規律されるところの事件です。私法というのは民法に代表されるように民と民,すなわち私人間の法律関係を定めた法律のことです。民事事件で …続きを読む

民事事件(みんじじけん)イメージ

民事執行(みんじしっこうほう)

民事上の請求権について国家の助けを借りて債務者の財産から強制的に回収を図る手続きのことであり,民事執行の手続きを定めた法律を民事執行法といいます。民事上の請求権について債務者が任意の履行をしない場合,債権者は,本案の裁判 …続きを読む

民事執行(みんじしっこうほう)イメージ

民事訴訟(みんじそしょう)

主として民間の財産に関する紛争を解決する国の手続です。民間で争いが生じたら,自分で強行に解決することは認められていません。誰が正しいか分からないし,これを認めると世の中の秩序がめちゃくちゃになるからです。民間で紛争が生じ …続きを読む

民事訴訟(みんじそしょう)イメージ

民事保全(みんじほぜん)

将来強制執行をして債権の満足を図るために(近いうちに強制執行してちゃんと債権の回収ができるようにするために),債務者の財産の維持等を目的としてなされる予防的・暫定的な処分又はそのような法律上の手続について定めた法律のこと …続きを読む

民事保全(みんじほぜん)イメージ

無期定期金(むきていききん)

まず定期金とは,一定の時期に支払ったり受け取ったりするお金のことを意味します。何もしないでお金を支払ったり受け取ったりすることはないので,定期金は,契約や法律の規定にもとづいて発生しますが,終身定期金契約については,民法 …続きを読む

無期定期金(むきていききん)イメージ

持分(もちぶん)

民法上,物を複数人で共同して所有するときの,それぞれの所有割合のこと持分と呼びます。持分権と呼ぶこともあります。各共有者は,その財産の自分の持分について,それぞれ単独で処分することができます。ただし,他人の持分まで処分す …続きを読む

持分(もちぶん)イメージ

持ち戻し(もちもどし)

共同相続人のうちの誰かが生前被相続人から多額の生前贈与などを受けていた場合,相続人間の不公平を是正するために相続分が修正されます。これを特別受益者の相続分と呼びます。要は,生前贈与等によって特別に利益を受けている人は,相 …続きを読む

持ち戻し(もちもどし)イメージ

みなし相続財産(みなしそうぞくざいさん)

民法上は被相続人の遺産ではないが,相続税法上は相続財産として課税の対象になる財産のことです。相続人がこれを受け取った場合は「相続」で,相続人以外の人が受け取った場合は「遺贈」で,それぞれ取得したものとみなされます。具体的 …続きを読む

みなし相続財産(みなしそうぞくざいさん)イメージ

1 2