アーカイブ

家族(かぞく)

一般的には,住まいを同じくする親族集団や血族集団のこと又は直系親族を中心とする単家族など,生活関係を同じくする血縁中心の小規模共同体のことを指します。様々な用途に用いられる言葉で,法律上も(法律用語としても),使用される …続きを読む

家族(かぞく)イメージ

家族法(かぞくほう)

民法第4編の親族法を指して,これと同じ意味でつかわれる言葉です。また,民法第5編の相続法を含めて,民法第4編親族法と民法第5編の相続法の総称として使われることもあります。民法第4編親族法と民法第5編相続法は,これを合わせ …続きを読む

家族法(かぞくほう)イメージ

家庭裁判所(かていさいばんしょ)

家庭に関する事件の審判(家事審判)と調停(家事調停)及び少年の保護事件の審判(少年審判)を専門的に取り扱う裁判所です。家庭裁判所で取り扱われる事件は,性質上プライバシーに配慮され,一部の例外(離婚など)を除いて非公開で審 …続きを読む

家庭裁判所(かていさいばんしょ)イメージ

家庭裁判所調査官(かていさいばんしょちょうさかん)

家庭に関する事件や少年事件を扱う家庭裁判所に置かれる専門職で,国家公務員です。家庭に関する事件や少年事件は,事件の背後にある人間関係や,感情,生活環境などが事件に影響していることから,これらに配慮した解決が求められていま …続きを読む

家庭裁判所調査官(かていさいばんしょちょうさかん)イメージ

家督相続(かとくそうぞく)

昭和22年改正前の旧民法にあった相続の形式で,「家(いえ)」の制度を前提として,家の統率者である「戸主」の地位を承継する身分の相続のことです。旧民法では,戸主が家の財産や身分行為の同意権など,権力をすべて持っていました。 …続きを読む

家督相続(かとくそうぞく)イメージ

寡婦年金(かふねんきん)

国民年金の1号被保険者(自営業者,農業者,学生など)として保険料を納めた期間が25年以上ある夫が亡くなったときに,残された妻がもらえる年金です。婚姻期間が10年以上必要で,もらえる期間は,60歳から65歳になるまで。もら …続きを読む

寡婦年金(かふねんきん)イメージ

換価分割(かんかぶんかつ)

共同相続人で遺産分けをする遺産分割の態様の一つで,遺産が現物分割に適していないか,不可能であるときに行われる遺産分割のやり方です。換価分割は,遺産を,競売又は換価人によって換価をし,その代金を共同相続人で分配します。遺産 …続きを読む

換価分割(かんかぶんかつ)イメージ

管理行為(かんりこうい)

管理行為とは,保存行為と財産の性質を変えない範囲での利用・改良行為をいいます。管理行為を超えるものは,「処分行為」といいます。管理行為には,物の修繕(大修繕は処分行為と解釈されています)のような事実行為のほか,契約などの …続きを読む

管理行為(かんりこうい)イメージ

危急時遺言(ききゅうじいごん)

遺言者に死期が迫っているために,普通方式による遺言ができないときにすることができる特別方式の遺言の一種です。危急時遺言は「口頭」ですることができ,証人がこれを書き写して,署名押印します。危急時遺言には,一般危急時遺言(死 …続きを読む

危急時遺言(ききゅうじいごん)イメージ

基礎控除額(きそこうじょがく)

簡単にいうと,問答無用(何も検討する必要がなく)で相続税が課税されない遺産の額のことです。相続税は,ある程度の遺産を相続(相続・遺贈・死因贈与など)した場合にだけ課税される税金です。基礎控除額の計算式は,以下のとおりです …続きを読む

基礎控除額(きそこうじょがく)イメージ

1 2 3 4 5 7