アーカイブ

遺産分割協議書(いさんぶんかつきょうぎしょ)

相続人が複数いる共同相続の場合には,遺産分けのために遺産分割協議という話合いをしますが,その結果を記録した文書が遺産分割協議書です。相続人が1人のときは遺産分割協議書は不要です。遺産分割協議書は,不動産の相続登記や預貯金 …続きを読む

遺産分割協議書(いさんぶんかつきょうぎしょ)イメージ

遺産分割審判(いさんぶんかつしんぱん)

遺産分割審判とは,遺産分割の内容を決める家庭裁判所の裁判のことです。共同相続人で遺産分けの遺産分割協議をしたが話合いがまとまらなかった場合,家庭裁判所が遺産分けの内容を決めてくれます。審判というのは,裁判官が決めてくれる …続きを読む

遺産分割審判(いさんぶんかつしんぱん)イメージ

遺産分割調停(いさんぶんかつちょうてい)

遺産分けの遺産分割協議の話合いがまとまらない場合に,家庭裁判所でする遺産分割の話合いのことです。共同相続人で遺産分けの遺産分割協議をしたが話合いがまとまらなかった場合に,そのままでは相続手続が前に進まないので,家庭裁判所 …続きを読む

遺産分割調停(いさんぶんかつちょうてい)イメージ

遺産分割の遡及効(いさんぶんかつのそきゅうこう)

相続人が複数いる場合,共同相続人が遺産分けの遺産分割をしますが,遺産分割の効力は,相続の開始時点(死亡時)に遡って生じます。例えば,相続人が3人いて,不動産をAさんが相続する遺産分割協議が成立した場合,その不動産は,相続 …続きを読む

遺産分割の遡及効(いさんぶんかつのそきゅうこう)イメージ

遺産分割の態様(いさんぶんかつのたいよう)

遺産分割の態様とは,共同相続人の間で,具体的にどのように遺産分けをするかということです。遺産分割の内容と同じ程度の意味です。遺産分割の態様には,「現物分割」,「換価分割」,「代償分割」の三つがあります。「現物分割」とは, …続きを読む

遺産分割の態様(いさんぶんかつのたいよう)イメージ

遺産分割の方法(いさんぶんかつのほうほう)

遺産分割の方法とは,話合いでするのか,家庭裁判所でするのかというような,遺産分けの手続の種類のことです。遺産分けの内容をどうするかという遺産分割の態様(内容)とは区別されます。遺産分割の方法には,「指定分割」,「協議分割 …続きを読む

遺産分割の方法(いさんぶんかつのほうほう)イメージ

遺産分割方法の指定(いさんぶんかつほうほうのしてい)

被相続人が,遺言で,遺産分割の内容を決めることです。例えば,遺言書に,「Aには不動産を,Bには預貯金を,Cには株式を,それぞれ相続させる」と書いてある場合,これは遺産分割の方法の指定があったものと解釈されます。この方法に …続きを読む

遺産分割方法の指定(いさんぶんかつほうほうのしてい)イメージ

意思能力(いしのうりょく)

自分の行為の結果を認識して弁えることができる能力のことです。法律の世界は,判断能力のある人間が,自分の意思で,権利や義務という法律関係を発生させるが故に,それらに法的拘束力があるという私的自治の原則(自分で決めたから守る …続きを読む

意思能力(いしのうりょく)イメージ

遺贈(いぞう)

遺言で遺産の全部又は一部を譲渡することです。無償でもいいし,負担付でもかまいません。遺贈には,特定の遺産を譲渡する「特定遺贈」と,遺産の全部又は割合的一部(1/2,1/3,,)を譲渡する「包括遺贈」があります。包括遺贈は …続きを読む

遺贈(いぞう)イメージ

遺贈義務者(いぞうぎむしゃ)

遺言で特定の財産を譲渡する特定遺贈があった場合に,特定受遺者(特定遺贈で遺産の譲渡を受ける人)に対して,遺言の内容のとおりの遺産の引渡し等を実行する義務を負う者のことです。通常は,相続人が遺贈義務者になります。包括受遺者 …続きを読む

遺贈義務者(いぞうぎむしゃ)イメージ

1 2 3 4 5