普通養子(ふつうようし)

特別ではない原則的な養子縁組又はそのような養子縁組によって養子となった者のことです。民法に定められた養子縁組には,普通養子縁組と,特別養子縁組があります。普通養子縁組は,いわゆる一般的な養子縁組であり,要件は緩いです。相続税を節税するための養子であるいわゆる節税養子も法的に有効とされます(相続税の基礎控除額が法定相続人の数によって増額されることを利用)。

ちなみに普通養子ではない特別養子縁組の要件は厳格です。普通養子と比べて次ような違いがあります。つまり,普通養子には次のような事柄が当てはまらないとお考えください。

  • 実方の血族との親族関係が終了
  • 養親は婚姻中でないと駄目
  • 両親にならないやり方は駄目(夫婦共同縁組か配偶者の実子を養子とする)
  • 養親は25歳以上。ただし,一方のみ20歳以上でもOK
  • 養子は6歳未満。ただし,8歳未満であって,6歳未満のときから養親に監護されていればOK
  • 実父母の同意を要する。ただし,特別事情あれば別(実父母から虐待や遺棄されているなど
  • 実父母による監護困難や不適当等の特別事情があり,かつ子の利益のために特に必要な場合にだけ認められる
  • すでに養親が養子を半年以上監護している実績を考慮する