物納(ぶつのう)

物納とは,相続税の納付を,現金ではなく,物ですることです。相続税は現金で納めるのが原則ですが,いろんな事情によって納税のための現金が不足する場合に,国申請して許可を得ることを条件に,物で納付することが認められています。物納は最後の手段です。要件は厳しいです。次のような要件を満たした場合にだけ許可を受けられる可能性があります。

  • 金銭ではどうしても納付できない理由がある。
  • 物納できるのは,どうしても金銭で納められない金額を限度とする。
  • 物納できる財産は,管理処分不適格財産ではないもの。
  • 物納劣後財産を物納する場合は,物納劣後財産以外の財産がないこと。
  • 相続税の納期限又は物納申請期限までに,物納申請書と添付書類を税務署に出すこと。