相続財産(相続できるもの)」カテゴリーアーカイブ

遺言書だけでは死後の問題が解決しない?安心できない?その理由を説明します

遺言書があれば安心? さて将来の遺産相続の紛争を避けるために遺言書を公正証書で作成しました。もうこれで安心,何も心配することはない,となるかといえば,そうとも言えません。え?そうなの?遺言書を作成すれば安心だと言われて作 …続きを読む

葬儀,納骨,永代供養,役所の手続きは死後事務委任契約で

遺言書とセットで生前の財産管理を任せてもらう方法を説明します

将来亡くなったときの遺産相続の紛争を避けるために遺言書を作成しました。これで,死後の財産に関する紛争は防げると思います。では,生前のことについてはどうでしょうか。生前,典型的には高齢になった人の財産を特定の人が勝手に管理 …続きを読む

生前の財産管理,財産管理委任契約と任意後見契約

最終チェック!遺言書を作成する(書く・書いてもらう)ときチェックすべき五つのポイント

いざ遺言書を作成したり書いてもらったりするときの最終チェックポイントをお教えします。遺言書は何度でも撤回や書き直しができますが,できることなら1回でバシッと決めたいところです。以下に該当するようなことがないかチェックして …続きを読む

遺言書作成の注意点・チェックポイント

ペットに財産を相続させる遺言書の書き方について説明します

愛犬や愛猫を飼っていて,もし自分が死んだら財産をペットに相続させたい(遺贈したい)と考えた場合どうしたらいいでしょう?愛犬や愛猫は法律で認められた法定相続人ではないですが,もし遺言書にそのように書いたら財産を相続させる( …続きを読む

ペットに遺産を相続・遺言・遺贈する

遺産に不動産が多い人は遺言書が必須であるこれだけの理由

不動産を多数所有していて,かつ推定相続人が複数人いる人は,自分の将来の相続に備えて必ず遺言書を作成するべきです。また親が不動産をたくさん持っていて,兄弟とともに相続する予定の相続人の方も,なるべく早く親に遺言書を作成して …続きを読む

地主や不動産を多数所有している人は遺言書が必要

なぜ相続人が多い(大勢いる)と遺言書の作成が必要かお教えします

遺言書を書いたほうがいい,又は遺言書を書いてもらったほうがいいケースにはいろいろありますが,被相続人が亡くなったときに,法定相続人がたくさんいるケース,つまりある人が将来亡くなり相続が開始したと仮定して,その推定相続人が …続きを読む

相続人や兄弟が多い人は遺言書を作成したほうがいい

父親の事業・家業を相続で継ぐ(事業承継)のに遺言書が必要な理由を詳しく説明します

もし父親が会社の社長やオーナーで,あなたが将来父親が亡くなったときにその事業を継ぐ(事業承継・事業相続)予定をしているなら,父親の元気なうちに,父親に遺言書を書いてもらうことをおすすめします。いや,父親の生前に事業を引き …続きを読む

父親から相続で事業や家業を承継する場合の遺言書

住宅しか財産がないからこそ親に遺言書を書いてもらったほうがいい理由

親の立場から考える場合,, 私もそろそろ年を取ってきたし将来子どもたちに財産を譲ることを考え始めました。といっても私には自宅のほかに財産がありません。だから,自宅をどうするかを考えているのです。私としては同居してくれてい …続きを読む

親が元気なうちに子供が相続でやっておくべきことのポイントについて整理します

親はまだまだ元気だけど,ある程度資産があるので,将来の遺産相続に備えて今からやっておけることはないかな?親もだんだん弱ってきたし,遺産相続で困らないように今すぐやっておくべきことはないかな? そんな疑問をお持ちの方にお答 …続きを読む

親が元気なうちに遺産相続でやっておくこと

物でいっぱいの親の家の家財道具はこうして片付ける!その方法について説明します(遺品整理の場合もほぼ同じです)

将来両親が亡くなれば当然家は片づけないといけないのですが,今日お話しするのは,親の生前に,親の家を片づけるケースです。親が生きている場合でも,以下のようなケースでは,子供であるあなたが,親の家を片づけないといけないケース …続きを読む

親の家を片づける

1 2 3 4