亡くなってから「3か月以内」にすること」カテゴリーアーカイブ

相続の承認放棄の3か月の熟慮期間を家庭裁判所に延長してもらう

相続の承認放棄とは何か?その意味を再確認! 相続が開始したら,そのことを知ってから3か月内に,自分が「相続人になるかならないか」を決めないといけません。 「相続人になるかならないか」「相続人になるかどうか」というのは,こ …続きを読む

相続の承認と放棄の期間を延ばす

限定承認(限定相続)を家庭裁判所に申請して相続財産の範囲で債務を支払う

親が死んだ。親は相続財産として住宅を残してくれたが,借金もいっぱい残していった。正直自分たち相続人が支払っていけるような借金の額じゃない。なので相続放棄するしかない。ところで親と同居していた自分には住む家がない。住む家が …続きを読む

相続の限定承認の相談

相続放棄を家庭裁判所に申述する場合とその方法

今日は,親などの相続について相続放棄をして,その相続に関して相続人じゃなくなる手続き(いっさいの相続関係から逃れること)について説明します。「放棄した」「遺産放棄した」「財産放棄した」などと,一度は聞いたことがあると思い …続きを読む

相続財産の遺留分(いりゅうぶん)が侵害されて取り戻したいなら遺留分減殺請求(げんさいせいきゅう)をする

ここで説明するのは,あなたが遺言で財産をもらった場合じゃなく,親など被相続人が書いた遺言書であなたの相続に関する遺留分が奪われている場合。すなわち,親などの被相続人が遺言書で他の法定相続人や第三者に多くの財産をあげてしま …続きを読む

遺留分減殺請求をする

遺言執行者が必要?なら家庭裁判所に請求して選任してもらう

遺言執行者とは何をする人か 遺言執行者とは文字どおり遺言(書)を執行する人です。遺言書に書かれた財産の相続等の内容を実行してくれる人です。遺言者が遺言書にしたためた最終意思を現実の社会に実現してくれる人のことです。 遺言 …続きを読む

遺言執行者が必要なケースと家庭裁判所への申立て

自分で書いた自筆証書遺言は開封しないで早く家庭裁判所で検認してもらう

親など被相続人が自分で書いた自筆証書の遺言書が見つかったら,なるべく早く管轄の家庭裁判所に持っていって,自筆証書遺言の検認手続をする必要があります。 自筆証書遺言の検認とは何か 自筆証書遺言の検認とは,公正証書遺言以外の …続きを読む

自筆証書遺言の検認を家庭裁判所に申請

相続財産・遺産の調べ方についてのポイントやコツ

相続財産の調査をしないとはじまらない? 当たり前のことですが,相続財産を把握しないと何もできません。 他の共同相続人と遺産の分け前を話し合おうとしても,そもそも何があるか分からないと判断できない。 さらに,遺産の値段が分 …続きを読む

相続財産や遺産の調べ方

戸籍謄本や除籍や原戸籍を取り寄せて相続人の全員を確定し相続関係説明図を作成する

戸籍謄本や除籍を集めないといけない理由 「相続の手続きをするために戸籍やら除籍やらたくさん集めないといけないって」 こういう話を聞いたことがあるはずです。そうです。遺産相続の手続きをするには,戸籍謄本,除籍謄本,原戸籍謄 …続きを読む

相続で戸籍謄本を取り寄せる

1 2