所長BLOG

遺言書発見!!まず最初にすべきこと,してはいけないこと

« »

カテゴリ 
投稿者:中尾 哲也
遺言書を発見したらまずすること

奈良県北葛城郡王寺町の司法書士中尾哲也

親父が亡くなって通夜葬式が終わり,寝間の洋服ダンスのちっちゃい引き出しを整理している長男が「なんじゃこりゃあああああ」と大きい声をあげた。兄弟が駆け寄ってみると,長男の手には,表に「遺言状」と書かれた紙片が握り締められていた。生前親父と折り合いの悪かった長男の顔から見る見るうちに血の気が引いていったのを兄弟は確かに確認した,,,

っと,こんなドラマチックな遺言書の発見はまあないですよね。だいたい遺言書を作ったら,財産をあげる人に伝えておくものですからね。人間はいいことしたらその人に言いたくなるもんですので。まあしかし,時にはあるのかもしれません。

そんな小芝居は松竹新喜劇か昭和のテレビにお任せすることにして,遺言書を作成する人はどんどん増えてますよ。日本公証人連合会発表のデータによると,平成26年の1年間に公正証書遺言を作成した人は10万人を超えました。10万人ですよ10万人!右肩上がりですね。こんな時代に右肩上がりを続けているのは,錦織圭の年収と市川海老蔵のテンションくらいのもんです。え?ほかにも何かありました?

2015-07-07_18h07_10

公証人連合会より

ちなみに遺言書は公正証書だけじゃないので,自分で書いた遺言書を含めると凄い数だと思います。高齢社会を実感です。

そういうことですから,新喜劇バリの遺言書発見劇はあまり見られないとしても,亡くなった人が遺言書を書いていて,生前に渡されており,遺言書なら親から預かって「手元にあるよ」ということは,まあまあ結構あるわけです。

遺言書がここにあるけど,「どないしたらええんや」とか,「自分で開けてもええんかいな?ほんまかいな,そうかいな」とか,疑問に思っている人はいるんじゃないでしょうか(すみません,また新喜劇風になってしまいましたw)。

なので,「遺言書が手元にある人」が,書いた人が亡くなってから,遺言書をどうやって取り扱ったらいいのかをここでお教えます。あなたがこれを読めば,間違いなく,今日から遺言書取扱いののプロフェッショナルです。誰でも読み流すだけの簡単な方法で,必ず遺言書取扱検定1級に合格できると石川遼も言っていましたw

まず,遺言書の種類を押さえる

遺言書取扱いのプロになろうと思えば(しつこい),まず遺言書の種類をちゃんと知っておかないといけません。遺言書にはいっぱい種類があるんですが,特殊なものは覚える必要がありません。よく使われるものだけ説明します。

  • 自筆証書遺言
    文字通り自分で書いた遺言書ですね。「震える字で便箋に」とかいうイメージの遺言書です。「全文」「日付」「氏名」を「自分で書いて署名」し,「印鑑」を押さないといけません。紙にこれだけを書いてあればいいので,封筒に入れるかどうかは問題ではありません。封筒に印鑑が押してあるかどうかも関係ありません。
  • 公正証書遺言
    公証人という法律家のいる役場で作った遺言です(交渉人は映画です。間違えないようにw)。証人2名と一緒に公証人役場にって,公証人に口で遺言内容を伝えて書面にしてもらいます。いきなり行ってもできないので,事前に準備が必要ですが。
    公正証書遺言を作ると,正本と謄本という二通をもらえます。表紙がついていて,表に「公正証書」と大きく書いてあります。茶封筒に入っている場合もあるでしょう。
  • 秘密証書遺言
    この遺言書はちょっと違います。自分で書いたのと,公正証書のものをミックスしたような感じです。
    まず自分で遺言書を書いて,「自分で署名」し,「印」を押します。本文はワープロでも大丈夫,署名だけ自分でします。そしてこれを封書にして,封筒に「印」を押します。
    これを証人1名と一緒に公証人役場に持っていき,自分で書いたことと,住所氏名を口で言います。「俺が書いたんやでええ,俺か?俺のことも知らんのか?高倉健や」という具合にです(注 高倉健がこの遺言をする場合に限ります)。
    すると公証人が,今聞いたことと,受け取った日付を封筒に書きます。
    そして最後に公証人,証人,高倉健(遺言者)が封筒に署名して印を押します。

※ややこしくてすみません。法律の代わりに謝罪します。

遺言書を開けてもいいか,つまり開封について知る

開けてもいい遺言書,開けてはいけない遺言書

さて,手元にある遺言書を開けてもいいか?という質問に対する答えはたった一つです。答えは民法1004条3項に書いてあります。

「封印のある遺言書は,家庭裁判所において相続人又はその代理人の立会いがなければ,開封することができない」

ルールはこれだけです。自分で開けてはいけない遺言書は,「封印のある遺言書」です。では,封印のある遺言書とは何でしょう?それは次のとおりです。

  • 自筆証書遺言を封筒に入れて,ご丁寧に綴じ目に印鑑を押した遺言書
  • 秘密証書遺言の全部

自筆証書遺言は便箋に書いただけで有効であるものを,百歩譲って封筒に入れて糊付けをしておけばいいものを,ご丁寧に封筒の綴じ目に押印をしていただくと,遺言書の保管者が自分で開けることができなくなります。裁判所で開けないといけません。ご愁傷様です。なお,綴じ目ではなく,下のほうの平らなところに印鑑が押してあるだけのときは,開封して大丈夫です。

秘密証書遺言のほうは,そもそも封印しないと秘密証書遺言じゃないので,全部裁判所で開封します。

開けてはいけないものをあけたらどーなるか

5万円以下の過料に処せられます。過料とは罰金です。えー,,大したことがないと言えなくもありません(そんなことを言ってはいけません)。

家庭裁判所で遺言書の検認をしよう

公正証書以外の遺言書を保管している人は,相続が開始したのを知ったら,速やかに家庭裁判所に遺言書を持っていって,形式チェックを受けないといけません。この形式チェックのことを「遺言書の検認(けんにん)」といいます。

ただしいきなり持っていってもすぐチェックしてくれません。裁判所は融通が利かないからです(嘘です,そういう理由ではありません)。検認の手続をするには,検認申立書というのを書いて裁判所に出します。戸籍とか,遺言書の写しとか添付書類もありますので,裁判所に聞いたり,司法書士に聞いたりしてください。裁判所が受け付けると,相続人の全員に手続があることを通知します。そしてじっさいに検認をする検認期日を決めて呼びかけます。遺言書の内容を確認したり,偽造じゃないのか?と疑っている相続人は,検認期日に家庭裁判所に行って意見を言うことができます。関心がなければ別に行かなくてもかまいません。手続が終わったら,遺言書に検認済みのしるしを付けてくれます。

なお,検認をしないとさっきと同じ罰金を課されます。いや罰金より何より,普通は検認をしないと遺言書の執行(内容を実現すること)ができません。法務局(登記所)とか銀行が受け付けないからです。だから,面倒でも絶対することになります。これが要らないのも公正証書遺言のいいところです。

家庭裁判所のWEBサイトに遺言書の検認のやり方が書いてありますよ

遺言執行者が指定されている場合

遺言書の中に,「遺言執行者として長男を指定する」とかいう言葉があったときは,遺言書を長男に渡してください。遺言書の検認も,遺言執行者にお願いすればいいです。

今後は,長男が遺言書の内容を実行していくことになります。ほかの相続人は遺言執行者の仕事を邪魔することができません。法律にそう書いてあります。遺言執行者は財産のリストを作って相続人に渡したり,いろいろ仕事をしないといけません。面倒だったり,手続が分からなかったりする場合は,司法書士に相談すればやってくれます。

奈良県北葛城郡王寺町の司法書中尾哲也の写真楕円形

無料メール相談はこちら。司法書士が2時間以内にお答えします!

 

« »

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

証券会社の株の相続手続きを「いますぐ」急いでする方法

司法書士の中尾です。以下を読んで今日こそアクションを起こしてください。   いますぐ証券会社の株の相続の手続きをしたい方! 難しいことを考えずに司法書士に任してしまってください。心配事が減って楽になります。 ス […]

明徳司法書士事務所に株の相続処理を依頼

司法書士が解説!ペットに遺産を相続させる最新の方法

  厚生労働省WEBサイトより お国に正式登録しているお犬様の数は,674万。ただしまだ登録していないとか,あえて登録していないお犬様も相当数いらっしゃると思われる。   ペットフード協会WEBサイト […]

ペットの遺産相続

遺産相続で司法書士や弁護士から書類が送られてきたらどうするか

司法書士の中尾です。今日は実践的であり実戦的な内容です。日本は高齢社会のトップリーダー(トップブリーダーじゃないよ)爆走中なので,相続に関する法律問題は否応に(否が応でも・否でも応でも,の短縮形。かっこいいでしょ)増えて […]

司法書士から相続文書

銀行・預貯金の相続手続きを「いますぐ」急いでする方法

司法書士の中尾です。以下を読んで今日こそアクションを起こしてください。   いますぐ預貯金相続の手続きをしたい方! 難しいことを考えずに司法書士に任してしまってください。心配事が減って楽になります。 ステップ1 […]

奈良王寺で預金口座の相続を急ぐ

自分でできる!相続財産の調査方法を誰よりも詳しく説明します

奈良県北葛城郡王寺町の,JR王寺駅前すぐに事務所のある,遺産相続専門の司法書士中尾哲也です。 得意分野のエントリーなものでいつもより余分に自己紹介しておりますw タイトルにあるとおり,今日は遺産調査・相続財産調査について […]

遺産を探す