相続大全集

借金は?遺産相続で引き継ぐものと引き継がないもの

« »

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
  • LINEで送る

結論から言いましょう。あなたが相続をすると,「借金」ももれなく引き継ぎます。

※絶対というわけではありません。これについては別のところで書きます。

相続とは,亡くなった人に成り代わって,財産に関する一切の権利や義務を引き継ぐことです。権利だけではなく「義務」も引き継ぐので,当然「借金」も引き継ぐことになります。

「それは困ったな」「そういうことなら,相続するものと相続しないものをちゃんと調べておかないと危険だな」という声が聞こえてきました。そのとおりです。まさにそのとおりで,相続をするということは,プラスの財産(資産)も,マイナスの財産(負債)も全部まとめて引き受けることになるので,そもそも何が遺産となって何が遺産とならないのかをちゃんと調べておかないといけないわけです。
きちんと調べて,相続するのかしないのかを決めないといけないのですね。

さてもう一度,「何を相続するのか」について書いてある法律の条文をみておきます。こうです。
「相続人は,相続開始の時から,被相続人の財産に属した一切の権利義務を承継する。ただし,被相続人の一身に専属したものは,この限りではない」

まとめると,こうなります。

  • とにかく財産関係は,権利であろうが,義務であろうが引き継ぐ
  • ただし,身分関係と,特に個性が重要なものは引き継がない

改めてこれを見れば分かるように,相続をすれば,基本的にほとんどすべての権利や義務を引き継ぐことになるのです。

といっても具体的なものがパッと思いつかない方のために,相続されるものと,相続されないものを次のとおり簡単にまとめておきます。ここでは,これらについて,詳しく理解する必要はありません。こんなものなんだなと,眺めておいていただければ結構です。

相続されるもの

債権的なもの

債務

物権

  • 占有権
  • 所有権
  • 用益物権(地上権,永小作権,地役権)
  • 担保物権(抵当権,質権,留置権,先取特権)
  • その他の担保権(仮登記担保,譲渡担保)

相続されないもの

債権的なもの

  • 受取人が指定されている生命保険
    ※契約によって受取人が直接受け取るので相続の問題にはなりません。
  • 遺族給付
    ※法律によって受給者が直接受け取るので相続の問題になりません。
  • 死亡退職金
    ※規則や法律によって遺族が直接受け取るので相続の問題になりません。
  • 持分会社の社員権
  • 公益社団法人の社員権
  • 社団制又は契約で相続が認められていない預託制のゴルフ会員権
  • 著作人格権
  • 扶養請求権
  • 請求前の財産分与請求権
  • 代理の本人や代理人の地位
  • 使用貸借契約の借主の地位
  • 雇用契約の使用者や被用者の地位
  • 委任契約の委任者や受任者の地位
  • 組合契約の組合員の地位
  • 生活保護の受給者の地位
  • 公営住宅の賃借人の地位

債務

宗教関係

  • 祭祀財産(系譜・祭具・墳墓)
    ※相続ではなく,法律によって,祭祀主宰者が引き継ぎます。
  • 遺体や遺骨
    ※相続ではなく,法律によって,祭祀主宰者が引き継ぎます。
  • 葬儀費用
    ※相続財産からではなく喪主が自分で負担します。
  • 香典
    ※喪主が直接受け取るので相続の問題になりません。

« »

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
  • LINEで送る

関連記事

親に生命保険に入ってもらうと相続税の節税になる理由を説明します(非課税財産)

親が相続税の基礎控除額を超える資産を所有していて,将来の遺産相続において相続税が課税されそうなら,相続の節税対策をするよう検討してください。その節税対策の方法として,親に生命保険に入ってもらうのは有効です。以下,その理由 …続きを読む

生命保険(死亡保険)金は相続税の非課税財産

住宅しか財産がないからこそ親に遺言書を書いてもらったほうがいい理由

親の立場から考える場合,, 私もそろそろ年を取ってきたし将来子どもたちに財産を譲ることを考え始めました。といっても私には自宅のほかに財産がありません。だから,自宅をどうするかを考えているのです。私としては同居してくれてい …続きを読む

なぜ親と一緒に遺言書の相談に行ったほうがいいのか説明します

祖父母は死ぬ間際ボケてしまって,亡くなったときに遺言書もなかったので,おかげで両親は相続問題で苦労したと話していました。で,そんな両親も隠居してもう長いです。元気だと思っていたけど,最近何やら忘れっぽい様子です。体も小さ …続きを読む

遺言書の相談は親と一緒に

自筆証書遺言を作成する(書く・書いてもらう)スケジュールを具体的にお教えします

遺言者が自分で書く遺言書,すなわち自筆証書遺言を作成するときのスケジュールを具体的に説明いたします。自筆証書遺言は以下のようなスケジュールで作成します。司法書士に相談して作成する場合を想定しています。 遺言書に書く内容を …続きを読む

自筆証書遺言の作成方法,作り方

相続の承認放棄の3か月の熟慮期間を家庭裁判所に延長してもらう

相続の承認放棄とは何か?その意味を再確認! 相続が開始したら,そのことを知ってから3か月内に,自分が「相続人になるかならないか」を決めないといけません。 「相続人になるかならないか」「相続人になるかどうか」というのは,こ …続きを読む

相続の承認と放棄の期間を延ばす