相続大全集

いま「相続」ということの意味について知っておかなければならない理由

«

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
  • LINEで送る

相続とは

今これを読んでいるあなたは,今まさに両親などが亡くなって遺産相続の手続をしなけれればならないか,又は将来両親などの遺産を相続することが分かっていて,ちょっと相続について調べておかないといけないなと考えている人のどちらかだと思います。

あなたがどちらの人であっても,相続の問題について考えているのであれば,まずはその「相続」というものについて,根本的な内容を知っておかなければいけません。
孫氏の兵法に,「彼を知り己を知れば百戦殆うからず」という言葉がありますが,相続についても同じことです。そもそも「相続」というのがどういうことが分かっていないのにあれこれ調べても,ちゃんと理解できないし,効率が悪いからです。

そこで,ここでは,「相続」ということの根本的な意味について簡単に説明します。

「相続」という言葉の語源

ちょっと話が遠回りしますが,相続という言葉の語源を押さえておきます。
相続という言葉は,元はといえば仏教用語です。簡単にいうと,「因果が連続して絶えないこと」というような意味です。そもそも仏教は,「この世界のあらゆるものごとは,姿かたちを変え変転するが,決して絶えることは無く,永遠に連続する」という考え方をします。
「相」というのは「すがた」。存在そのもののこと。「続」というのは,続いていくことです。

この言葉が法律の世界にも入ってきました。どういうことか。分かりやすい例でいうと,今土地建物が親から子に相続されたとします。この場合,土地建物という物の性質は相続しても変わりませんが,その持ち主が親から子に変わりました。持ち主が誰かということは,土地建物にとってとても重要なことです。つまり,ある性質(持ち主)は大きくかわったけれど,土地建物は相変わらず土地建物として引き継がれたわけです。どうですか,さっきの仏教用語の意味に似ていませんか。そのようなことから,法律上,人が死んで財産が他の人に引き継がれるようなケースを「相続」と呼ぶようになったのです。

「財産」はすべて相続する

さて,語源の話はいいとして,法律的な話に移ります。要するに,相続するとはどういうことなんだ,という話です。

結論からいうと,相続するとは,「財産関係のすべてを引き継ぐ」ことです。亡くなった人に成り代わって,その人の立場をすべて引き継ぐのが相続です。
このことについて書いてある法律の条文を見てみます。

民法896条
相続人は,相続開始の時から,被相続人の財産に属した一切の権利義務を承継する。ただし,被相続人の一身に専属したものは,この限りではない。

ご覧のとおり,被相続人の財産に属した一切の権利義務を承継する,と書いてあります。どうですか?その覚悟がありますか?

もっとも,例外が二つほどあります(条文を見てください)。

一つ目。まず,「財産に関しないこと」は引き継ぎません。例えば,「親という身分」は引継ぎません。親が死んで子供が相続した場合に,子供が同時に親になるなんていうことはありえませんよね。
二つ目。「一身に専属したもの」は引継ぎません。例えば,有名な画家や作曲家が亡くなって,あなたがその人を相続しても,作品を作る必要はありません。相手方はその芸術家の作品が欲しいのであって,誰に作ってもらってもいいわけではないからです。この点安心してください。

「債務」も相続する

ただし一点注意しておかないといけないのは,基本的に,債務も全部引き継ぐことです。債務とは,「借金」だと思ってください。

相続するのは,「財産に関する一切の権利義務」です。「権利」だけではなく「義務」も入っています。その人に成り代わるんですから,当然ですね。いかがでしょうか。相続するのは,楽しいことばかりじゃありません。

「地位」も相続する

もう少し細かいお話をすれば,「地位」とか「立場」というようなものも相続します。例えば,人に貸している建物を相続したら,建物の所有権だけじゃなくて,建物の「賃貸人としての地位」も相続するんです。

賃貸人としての地位を相続すると,今後,この地位から生じてくる様々な義務も引き継ぐことになります。賃貸人は,物件を,目的に沿って使用収益させる義務を負います。具体的にいうと,貸しているものが壊れたときは,直さないといけません。つまり,修繕義務を果たさないといけないわけです。

何度も言いますが,相続をするとは,財産に関しては,その人に成り代わってやっていくことです。少なくても財産に関しては,今までの自分にプラスして,亡くなった人の人生をも引き継いでいくことです。

まとめ

以上,相続とは何かについて,基本的なことを書きました。おさらいをすると,次のようにまとめることができます。

相続とは?

  • 財産関係の一切を引き継ぐ(資産も負債も地位も)
  • ただし,身分関係や特に人の個性が重要なもの(一身専属権)は引き継がない

«

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
  • LINEで送る

関連記事

遺言書のとおり手続する遺言執行者は誰がどうやって決めるのかお教えします

民法1012条1項 遺言執行者は,相続財産の管理その他遺言の執行に必要な一切の行為をする権利義務を有する。 遺言執行者という言葉を聞いたことがありますか?遺言執行者とは,文字どおり,遺言書のとおりに財産に関する手続き等を …続きを読む

遺言執行者は誰がどこでどうやって決める

相続しても相続税が課税されない財産についてお教えします

父親が死亡して相続が開始しました。相続税の検討(試算と納税資金の準備)をしなければいけない相続になると思います。いまいろいろ調べているんですが,相続税については,基本的に相続した財産は相続税の課税対象になり,生命保険等に …続きを読む

相続税がかからない遺産・財産

成年後見人をつけて親が認知症で遺産分割できない問題を解決する方法

そのままでは遺産分割協議ができないケース その3 相続が開始して共同相続人で遺産分割協議をしたいが,「そのままでは遺産分割協議ができない」という事案をさらにもう1件ご紹介します。ケースその3です。遺産分割協議がでいないと …続きを読む

認知症で遺産分割できない問題を奈良王寺の司法書士に相談依頼

相続放棄を家庭裁判所に申述する場合とその方法

今日は,親などの相続について相続放棄をして,その相続に関して相続人じゃなくなる手続き(いっさいの相続関係から逃れること)について説明します。「放棄した」「遺産放棄した」「財産放棄した」などと,一度は聞いたことがあると思い …続きを読む

遺言執行者が指定されてないと困ってしまう理由

遺言執行者とは遺言書の内容を現実化する人。遺言書のとおりに遺言者の意思を実現するひと。遺言書に書いてるとおり手続きする人のことです。遺言を執行するから遺言執行者といいます。遺言書で財産をもらうなら遺言執行者を必ず指定して …続きを読む

遺言執行者がいないと困ること