相続大全集

住宅を買うときに親から贈与を受けるとダブルでおすすめな理由

« »

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
  • LINEで送る

住宅購入時に親から贈与を受けると贈与税や相続税がお得
  • もしあなたが相続税の基礎控除額を超えるような資産を所有していて,かつキャッシュに余裕があるなら,子供が住宅を買うときに資金を贈与してあげてください(家を買ってあげる)。
  • もしあなたの親に相続税の基礎控除額を超えるような資産があり,現預金に余裕があるようなら,あなたが住宅を購入するときに,是非親の援助を受けるようにしてください(家を買ってもらう)。

なぜなら,親から住宅購入資金の贈与や援助を受けることはダブルでお得だからです。

それは,,,

  1. 子供の生活が楽になり,自分では買えない住宅を買うことができ,場合によってはワンランク上の住宅を手に入れることができるから
  2. 生前贈与に贈与税がかからないので,親について効果的に相続税の節税対策ができるから

さて,1については説明不要でしょう。では,2についてはいかがでしょう。この点について簡単に説明してみます。

節税対策の基本は生前贈与

相続税は一定の資産を相続したときに課税される税金であり,資産が多ければ多いほど税率も税額の負担も増加します。また相続税には基礎控除額というものがあり,一定レベルの資産まで無条件で相続税がかからない仕組みもあります。親が亡くなるまでにできる限り資産(将来の遺産)を減らすのが相続税の節税対策の最重要ポイントです。そして,親の資産を減らすには,何より生前贈与です。

生前贈与で注意すべきは贈与税

分かりやすいところで,毎年,贈与税の基礎控除額の範囲内となる110万円を贈与していくという方法があります。また,収益を生む財産を先に生前贈与して親の資産の蓄積を防ぐなどいろんなやり方があります。それはそうと,どのような手法をとるにせよ,注意しなければいけないのは,割に合わない贈与税を支払わないことです。死後の財産移転にかかるのが相続税とすれば,生前の財産移転にかかるのが贈与税(贈与税は相続税法の中に規定されている)。贈与税は相続税よりも税率が高いので,むやみに生前贈与をすると逆に損します。つまり贈与税がかからないか,贈与税の負担を比較的軽減できる生前贈与があれば,それは相続税対策にもってこいの生前贈与だと言えます。そういう贈与がいくつかあります。

家を買うための贈与(住宅取得資金の贈与)は一定額まで非課税

親(お父さん,お母さん)や祖父母(おじいちゃん,おばあちゃん)といった直系尊属から住宅取得に関する生前贈与を受けた場合,一定の金額まで贈与税が非課税になります。つまり贈与税が1円もかかりません。その一定額については,税法の改正によって金額が都度,時限的に変わります。いま,近い将来住宅購入の予定がある方は,以下リンクより,国税庁のWEBサイトで確認してみてください。

直系尊属から住宅取得等資金の贈与を受けた場合の非課税

平成27年1月1日から平成33年12月31日までの間に、父母や祖父母など直系尊属からの贈与により、自己の居住の用に供する住宅用の家屋の新築、取得又は増改築等(以下「新築等」といいます。)の対価に充てるための金銭(以下「住宅取得等資金」といいます。)を取得した場合において、一定の要件を満たすときは、次の非課税限度額までの金額について、贈与税が非課税となります(以下、「非課税の特例」といいます。)。

住宅取得資金贈与はダブルでお得

繰り返します。両親や祖父母から子供や孫に,住宅取得に伴う資金の生前贈与をすることは,以下の二つのメリットがあります。

  1. 子や孫が自分で買えない家を買える。生活が楽になる。ワンランク上の家を買える。
  2. 贈与税がかからず,効果的に相続税の節税対策ができる。

宜しいでしょうか。あ,そうです。これらメリットの副産物として,もう一つとても大きなメリットが得られるかもしれません。それは,,,

親が子に大変感謝され,家族の人間関係や信頼関係が強くなる。

もしかしたらこちらのほうが大事かもしれませんね。

« »

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
  • LINEで送る

関連記事

先が長くない親の財産を改めて調べておくこと(調査すること)の必要性

親の財産目録を作ることのおすすめとその作り方について 以前の記事で,親が元気なうちに,簡単でいいので,親の財産目録を作っておいた方がいいというお話をしました。作り方などもそこでお話したとおりです(以下のとおり)。 親の財 …続きを読む

先の長くない親の財産を調査する

親に生命保険に入ってもらうと相続税の節税になる理由を説明します(非課税財産)

親が相続税の基礎控除額を超える資産を所有していて,将来の遺産相続において相続税が課税されそうなら,相続の節税対策をするよう検討してください。その節税対策の方法として,親に生命保険に入ってもらうのは有効です。以下,その理由 …続きを読む

生命保険(死亡保険)金は相続税の非課税財産

死んだらすること(死後の手続き)一覧リスト

親が親族が亡くなると大変。とにかく人が死亡すると大変。すべきこと,やるべきことが多い! まず悲しいから大変。それに加えて,家の片付けや役所の届出といった死後事務が大変。そして遺産の分け方を共同相続人で話し合うのが大変。そ …続きを読む

死後の手続き

借金は?遺産相続で引き継ぐものと引き継がないもの

結論から言いましょう。あなたが相続をすると,「借金」ももれなく引き継ぎます。 ※絶対というわけではありません。これについては別のところで書きます。 相続とは,亡くなった人に成り代わって,財産に関する一切の権利や義務を引き …続きを読む

行方不明の相続人がいる場合に遺産分け(遺産分割)をする具体的な方法

こういうケースを想像してみてください。 父親が死んだ。遺産として,住宅と預貯金がある。 相続人に配偶者である母と,あなた,そして兄弟が2名いる,,,はずだが,,, うち1名が長い間行方不明で連絡を取っていない。 母と連絡 …続きを読む

行方不明の相続