相続大全集

法定相続人(推定相続人)じゃなくても遺言書で財産をもらえると知っていますか

« »

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
  • LINEで送る

相続人以外が遺言書で財産をもらう

法定相続人(推定相続人)じゃなくても遺言書を書いてもらえば財産をもらえるか???

結論

答えは「Yes」です。

法定相続人じゃなくても遺言書を書いてもらえば相続で財産をもらうことができます。財産は全部でも一部でもかまいません。生きているときに生前贈与で財産をもらうのが自由であるのと同じく,遺言書で財産をもらうのも自由です。

理由

相続が開始したら,法定相続人は子供だとか兄弟だとか,法定相続分は1/2だとか1/3だとか,,,そいう話はよく聞いたことがあるはずです。こういうことは,民法という法律に書いてあります。つまり民法という法律には,人が死んだ場合に,誰が相続人になり,その相続分の相続分はそれぞれどのくらいだ,というような内容が書いてあります。法律に書いてある相続人,法律に書いてある相続分だから,法定相続人,法定相続分と呼ぶのです。

一方,遺言書という言葉はよくご存じのことと思います。では,遺言書とは何か?遺言書があった場合にどうなるか?というようなことは,どこに書いてあると思いますか?みんなが決まり事があると認識している以上,どこかに書いてあるはずです,この遺言書のこと。これも先ほどと同じく,民法という法律に書いてあるんです。遺言書のことも同じく民法に書いてあります。

では,同じく法律に書いてある法定相続人や法定相続分のことと,遺言書による相続のこと,この二つの関係はどうなるんでしょうか?この関係は,基本的に以下のようになります。

遺言に関する規定>法定相続人や法定相続分の規定

つまり,民法は基本的に,遺言書による相続,遺言相続を優先します。細かいことをいうとややこしいんですが,このことを分かりやすくいうと,法律に書いてある相続に関する決まり事は,遺言書によって遺言者が決めずに亡くなった場合に補充的に適用される,というほどの意味になります。民法は,何よりも個人の意思を重要視するので,亡くなったときの財産処分についても個人の意思を尊重しているのです。

例えば,相続の割合を決める相続分は,遺言者が遺言書で指定する「指定相続分」が優先します。指定相続分がないときにはじめて法定相続分にもとづいて相続分を計算します。その他,相続人が具体的な遺産の割振りをする遺産分割についても同じく,遺言者が遺言書で指定する「遺産分割の方法の指定・指定分割」が優先し,それがない場合にはじめて共同相続人間で遺産分割協議をしたり家庭裁判所で調停・審判分割をしたりします。

このとおり,日本のいまの相続法においては,遺言相続が法定相続に優先しますので,法定相続人ではない人が遺言書で財産をもらうことができ,それはまったくの自由だということができます。法律上それが想定されているので,財産をもらう人が批判されたり責められるべき理由はない,ということです。

例えば,,,

法定相続人(推定相続人)ではない人が遺言で財産をもらうケースにはどんなものがあるでしょうか。以下のようなケースが考えられ,またじっさいによくあることです。

  • 夫婦の間に子供がなく特定の兄弟に財産をあげたい(法定相続人以外の人に遺言書で財産をあげること)する
  • 夫婦の間に子供がなく兄弟の子供に財産をあげたい
  • 実の子同様に生活してきた先妻(先夫)の子に財産をあげたい
  • 内縁の夫や妻に財産をあげたい
  • 法律上の妻や夫はいるが,配偶者ではない愛人に財産をあげたい
  • 長男ではなく長男の嫁に財産をあげたい
  • 介護してくれた次男の嫁に財産をあげたい
  • 子供や子供の配偶者ではなく孫に直接財産をあげたい
  • 家業を支えてくれた番頭さんに全部又は一部の財産をあげたい
  • 老後世話になったり親しくしてくれた人に財産をあげたい
  • 信頼している団体や宗教法人などに財産を継いでほしい
    などなど

営業エリア・業務地域を教えてください。

遺言書の作成は専門の司法書士へ

遺言書の作成を司法書士など専門家に頼むメリットとデメリットをお教えします

« »

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
  • LINEで送る

関連記事

遺言執行者が指定されてないと困ってしまう理由

遺言執行者とは遺言書の内容を現実化する人。遺言書のとおりに遺言者の意思を実現するひと。遺言書に書いてるとおり手続きする人のことです。遺言を執行するから遺言執行者といいます。遺言書で財産をもらうなら遺言執行者を必ず指定して …続きを読む

遺言執行者がいないと困ること

遺言書だけでは死後の問題が解決しない?安心できない?その理由を説明します

遺言書があれば安心? さて将来の遺産相続の紛争を避けるために遺言書を公正証書で作成しました。もうこれで安心,何も心配することはない,となるかといえば,そうとも言えません。え?そうなの?遺言書を作成すれば安心だと言われて作 …続きを読む

葬儀,納骨,永代供養,役所の手続きは死後事務委任契約で

必見!家業を遺産相続(後継ぎ)する人が絶対知っておくべきポイント

事業をやっていた父親が亡くなって,今すぐ事業の引継ぎをしていかないといけない場合があります。また,事業をやっている父親がそろそろ弱ってきて,あなたがその後継ぎになる予定だということもあるでしょう。 さて,もう事業を引き継 …続きを読む

預貯金の相続手続きをして解約払戻しする(遺産整理業務)

親が亡くなりました。いくつかの銀行に,預貯金の口座があり,いくらかのお金がそこにあります。四十九日の法要も済んだので,この預貯金口座を解約して相続人で分けたいと思います。銀行に聞いたら,預金口座の相続手続きをしないと解約 …続きを読む

奈良王寺の明徳司法書士事務所で預貯金の相続手続き,遺産整理業務

遺言してもらって人が逆に先に死んだ場合どうなるかお教えします

遺言書 家は長男に相続させる 預貯金は次男に相続させる 年月日 遺言者 中尾哲也 印 このような遺言書を遺して父が急逝しました。私は次男です。母はまだ存命です。いや,,父がまさか遺言書を書いているとは知らなくて,,,長男 …続きを読む

受遺者が先に死亡