相続大全集

こんな人は絶対遺言書を書いてもらう!遺言書必須の30のケース

« »

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
  • LINEで送る

遺言書必須の30類型・ケース・事例

ここでは,「こんなケースに該当する場合には絶対に遺言書を書いたほうが・書いてもらったほうがいい!」というケースを紹介します。遺言書の作成が必須なケース・類型・事例です。

これらのケースの共通項は,遺産相続に関して紛争になりやすい」ということ。

ところで,そもそも遺言書というものは,争族対策,つまり遺産相続に関する共同相続人間の遺産分割紛争等を防止するためにあります(もちろん遺言書には他の効用もありますが)。

つまり,以下のケースは遺産相続紛争になりやすい→紛争を予防する必要がある→絶対に遺言書を作成すべき,,,

と,このような話になるわけです。では早速いきます。

  1. 共同相続人になる子供達の仲が悪い
  2. 共同相続人になる子供の年齢が離れている
  3. 共同相続人になる子供達のうち,教育費をかけてもらった者とそうでない者がいる
  4. 音信不通の推定相続人(法定相続人)がいる
  5. 海外在住の推定相続人(法定相続人)がいる
  6. 夫婦の間に子供がいない
  7. 夫婦が再婚していて先妻(先夫)との間に子供がいる
  8. 共同相続人になる子供達のうち小さい子を残して先に亡くなった者がいる
  9. 共同相続人になる子供達のうち素行不良の者がいる
  10. 親の介護を長男の嫁がしている
  11. 共同相続人になる子供達のうち離婚と再婚をして先妻(先夫)との間に子供がいる者がある
  12. 内縁の妻(夫)がいる
  13. 妻との間の子供のほかに認知していない子供がいる
  14. 独り者で推定相続人(法定相続人)が誰もいない
  15. 共同相続人になる子供達の仲に障害者(身体障害・知的障害・精神障害・発達障害)がいる
  16. 面倒をみてくれることを条件に財産を相続させたい
  17. ペットの面倒をみてくれる人に財産を譲りたい
  18. 自宅の土地建物しか財産がない
  19. 共同相続人になる子供達の誰に何の財産を相続させたいか決まっている
  20. 共同相続人になる子供達の誰にどれだけの割合の取り分を相続させたいか決まっている
  21. いわゆる名義預金(預貯金の名義人と実質上の所有者が違うもの)を持っている
  22. 共同相続人のうち1名が多額の生命保険金の受取人になっている
  23. 美術品,骨董品,貴金属,宝石など効果な物品を所有している
  24. 株式を上場していない会社や個人事業を共同相続人のうち誰かが継ぐことになっている
  25. 農家である,又は農地をたくさん所有している
  26. 収益不動産(アパートやマンション)を所有している
  27. 特許権や著作権等による権利収入を得ている
  28. 本家や分家など家柄や血統にこだわる家系である
  29. 茶道,華道,芸能などの家業を営んでいる
  30. 関係者の間で宗教,思想,政治などに相容れない食い違いがある

遺産相続が専門で得意分野とのことですが、どんな相談や依頼ができますか?

営業エリア・業務地域を教えてください。

遺言書の作成は専門の司法書士へ

遺言書の作成を司法書士など専門家に頼むメリットとデメリットをお教えします

« »

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
  • LINEで送る

関連記事

親子で不動産を交換すると相続税の節税対策になるって本当?

相続税の節税対策の一つに,親子間で,それぞれが所有している不動産を交換する方法があります。今日はこの方法について説明します。 不動産を交換するとはどういうことか 交換するとは文字どおりお互いの持っている不動産を入れ替えす …続きを読む

親子で不動産を交換して節税

相続財産・遺産の調べ方についてのポイントやコツ

相続財産の調査をしないとはじまらない? 当たり前のことですが,相続財産を把握しないと何もできません。 他の共同相続人と遺産の分け前を話し合おうとしても,そもそも何があるか分からないと判断できない。 さらに,遺産の値段が分 …続きを読む

相続財産や遺産の調べ方

親に都会に引っ越ししてもらうと相続税の節税対策になる

親など将来の遺産相続において相続税のかかる人が,いまより相続税評価の高い都市部等に新たに自宅を購入して引っ越すと相続税の節税になります。 なぜなら 自宅については,相続税の財産評価の計算において,330㎡を上限とし,80 …続きを読む

親に都会に引っ越してもらうと小規模宅地の特例で相続税の節税対策に

認知症になったら遺言書を書いてもらうには遅すぎる??その理由

前々から遺言書を書いてくれと頼んでいたんだけど伸び伸びになっていて気が付いたら両親は認知症になってしまった。時折「遺言書を書くよ~」と言ってくれてるんだけど本心かどうかわからない。というより認知症になっているので遺言書を …続きを読む

認知症の親の遺言書

相続しても相続税が課税されない財産についてお教えします

父親が死亡して相続が開始しました。相続税の検討(試算と納税資金の準備)をしなければいけない相続になると思います。いまいろいろ調べているんですが,相続税については,基本的に相続した財産は相続税の課税対象になり,生命保険等に …続きを読む

相続税がかからない遺産・財産