相続大全集

国債とか社債にも相続税が?国債社債の相続税評価についてお教えします

« »

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
  • LINEで送る

国債や社債の相続税の財産評価

父親は定年まで地方公務員として働いてきて,定年後も嘱託という形でつい先日まで仕事をしていました。しかしいよいよ隠居して老後の生活を楽しんでいるようです。父親は昔から職業柄大変堅実で,浮ついたことには一切縁のない人生でした。幸いよい職業人生を歩み,母親の公務員だったことから晩年は生活に余裕があり,資産運用はもっぱら国債地方債,そして大手企業の社債のみでしていたようです。ということで,私もそろそろ両親の相続税がどうなるのか調べ始めたところです。そこで国債とか社債というのは,相続税の財産評価では,どういう風景に計算されるのか知りたいのです。

はいかしこまりました。国債や社債などの債券は,典型的な安定資産であり,その財産的評価が高いことはよくご存じだと思います。公社債の評価のうち,券面・額面が評価の基礎になることは当然として,公社債の評価で大事なのは利息の取扱いなど,周辺部分の細かいところです。これらは国が決めた特定のルールにしたがって技術的に計算式に当てはめるほかありませんので,今日はその計算式を列挙してご説明としたいと思います。

公社債の種類ごとに記します。

利付公社債

利付公社債とは,利札というクーポンがついている債券のことです。簡単にいうと,後から,毎年,利息がもらえる債券のことですね。利息後払いの債券です。利付公社債は三つに分類できます。

金融商品取引所に上場している銘柄

(課税時期の最終価格+既経過利息から源泉所得税額を控除した額)*券面額/100円=金融商品取引所の上場している利付公社債の相続税の財産評価額

日本証券業協会により売買参考統計値が公表される銘柄

(課税時期の最終価格+既経過利息から源泉所得税額を控除した額)*券面額/100円=売買参考統計値が公表される利付公社債の相続税の財産評価額

その他の銘柄

(発行価額+既経過利息から源泉所得税額を控除した額)*券面額/100円=上場銘柄と売買参考統計値が公表されるもの以外の利付公社債の相続税の財産評価額

割引発行の公社債

割引発行の公社債とは,券面額より割り引いた価格で発行される債券です。券面額と発行価額の差額が利息です。簡単にいうと,利息が先に支払われているような債券のことです。割引発行の公社債も三つに分類できます。

金融商品取引所に上場している銘柄

課税時期の最終価格*券面額/100円=金融商品取引所に上場している割引発行の公社債の相続税の財産評価額

日本証券業協会により売買参考統計値が公表される銘柄

課税時期の最終価格*券面額/100円=売買参考統計値が公表される割引発行の公社債の相続税の財産評価額

その他の銘柄

((発行価額+(券面額―発行価額))*(発行日から課税時期までの日数/発行日から償還期限までの日数))*券面額/100円=上場銘柄と売買参考統計値が公表されるもの以外の割引発行公社債の相続税の財産評価額

その他の種類の公社債の評価方法は以下財産評価基本通達に詳しく書いてあります。ご興味のある方はご覧くださるとよいですが,いずれにしろ大変ややこしいですね。しかし公社債については券面額でおよその価値が分かりますから,詳細をご自分で試算する必要は乏しいと思います。

いずれにしろ,申告そのものは相続税専門の税理士に依頼することになるでしょう。お知り合いがいなければ,明徳司法書士事務所に相談してください。

財産評価基本通達 公社債の評価について

« »

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
  • LINEで送る

関連記事

相続は複雑だ。大きな流れを知って迷子にならない方法をお教えします

あなたが今相続手続をやっていてこのページを見ている場合,次のようなことで頭を悩ましているのではありませか?また途中まで取り組んでみたけど,よく分からなくなって,疲れてしまっているのではありませんか? また,もしあなたが, …続きを読む

信託銀行の遺言信託(とか遺産整理業務)を頼んではいけない理由を知っていますか?

最近テレビやインターネットでよくよく信託銀行の遺言信託や遺産整理,そして相続業務のコマーシャルが流れています。銀行さん,とりわけ信託銀行はお金持ちが大好きなので,次々と富裕層や準富裕層にターゲットした商品を開発してきます …続きを読む

信託銀行の遺言信託や遺産整理業務はどう?

相続の寄与分の具体的な計算方法についてお教えします

遺産相続の法定相続人の取り分,つまり法定相続分が変更になる理由には,以下の四つがあります。指定相続分とは,亡くなった人が遺言で相続人の相続分を決めてしまったケースです。「長男は2/3,長女は1/3」というようにです。最後 …続きを読む

相続税ではなく所得税の申告をするのが義務になるケース

父親などの被相続人が死亡したときに,相続税のほかに,所得税のことを考えないといけないケースがあります。すなわち,相続税とは別に,所得税の準確定申告をしなければならない場合があるのです。今日は,少しだけ,これに関するお話を …続きを読む

先が長くない親の財産を改めて調べておくこと(調査すること)の必要性

親の財産目録を作ることのおすすめとその作り方について 以前の記事で,親が元気なうちに,簡単でいいので,親の財産目録を作っておいた方がいいというお話をしました。作り方などもそこでお話したとおりです(以下のとおり)。 親の財 …続きを読む

先の長くない親の財産を調査する