相続大全集

生命保険って相続税がかからないと聞いたけど本当??この点について説明します

« »

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

生命保険金には相続税がかかる?

父親の遺産相続のことなんですけど,,,確か父親は大手生命保険会社の死亡保険に加入していて,私が受取人になっているらしいです。俺が死んだら生命保険金が下りるからそれで生活しなさい,「命保険は遺産相続じゃなくて契約でもらえるお金だからきっと相続税もかからないぞ」と言っていました。これは本当ですか?生命保険でもらったお金は金額にかかわらず相続税の対象にならないんでしょうか?申告はしなくていいのでしょうか?

奈良県北葛城郡王寺町の司法書士中尾哲也

お父さんは死亡保険をかけてくれていて,あなたが受取人になっておられるんですね。それは大変安心ですね。

しかし!

そのお父さんの言い分は嘘です。嘘というか,間違っています。正確ではない,と言ったほうがいいでしょうか。お父さんはおそらく民法に関する判例や裁判例を知っておられて,生命保険金は相続財産じゃないとおっしゃったと思います。それはそれでよいのですが,民法上相続財産であるかどうかということと,相続税法上の相続税の課税財産になるかどうかは別問題です。法律というのは相対的なものなのです。

結論から言うと,あなたが受け取ることになる死亡保険金(生命保険金)のうち,一定額を超えた部分が,相続税法上の「みなし相続財産」として,相続税の課税財産になります。一定額までの部分は,相続税の非課税財産になるので,相続税がかかりません。その一定額は,以下の式によって決まります。

500万円*法定相続人の数=生命保険金の非課税枠

さて,質問に答える形で少しお話が前のめりになりましたので,ここで改めて,生命保険金の相続税法上の取扱いについて整理してみたいと思います。

生命保険金については,二つに分けて考えることができます。よって分類して説明します。

 

父親の相続開始時に保険金をじっさいにもらえる生命保険金

生命保険に関する登場人物を整理してみましょう。

  • 契約者(保険者)
  • 被保険者
  • 受取人

で,,

  • 契約者というのは,生命保険契約を締結して保険料を納めている人です。
  • 被保険者というのは,保険がかかっている人で,この人の死亡によって保険金が支払われる人です。
  • 受取人というのは,文字どおり,保険金を受け取る人のことです。

さて,ここで相続税の対象になる生命保険金とは,契約者と被保険者が被相続人(父親)であって,受取人が相続人のあなたである契約にもとづき支払われる生命保険金です。

この生命保険金は,民法上相続財産ではありませんが,相続税では,みなし相続財産として,非課税枠を超える部分が課税財産になります。財産評価額は,当然ですが,受け取った生命保険金の金額から非課税枠を控除した額です。

 

父親の相続開始時には保険金はもらわない生命保険契約に関する権利

では,生命保険契約がこういう契約の場合はどうでしょう?

  • 契約者が,父親
  • 被保険者が,母親(存命)
  • 受取人が,子供で相続人であるあなた

今度亡くなるのは父親である。この場合,被保険者は母親で存命ですから,父親の相続開始によって生命保険金が支払われることはありません。当然です。しかし,生命保険金を支払っている父親の地位が,相続によって相続人に承継されるはずです。この契約者としての地位や権利は,相続税の課税財産になるのでしょうか?

これは,相続税の課税財産になります。こういう契約者としての地位や権利のことを,相続税法上,「生命保険契約に関する権利」と呼んでいます。生命保険契約に関する権利は,相続税の課税財産になります。この生命保険契約に関する権利の財産評価方法は以下のとおりです。

  • 相続開始の時において当該契約を解約するとした場合に支払われることとなる解約返戻金の額
  • ただし,解約返戻金のほかに支払われることとなる前納保険料の金額、剰余金の分配額等がある場合にはこれらの金額を加算し、解約返戻金の額につき源泉徴収されるべき所得税の額に相当する金額がある場合には当該金額を減算した金額で評価します。

奈良県北葛城郡王寺町の司法書中尾哲也の写真楕円形

無料メール相談はこちら。司法書士が2時間以内にお答えします!

 

« »

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

成年後見人をつけて親が認知症で遺産分割できない問題を解決する方法

そのままでは遺産分割協議ができないケース その3   相続が開始して共同相続人で遺産分割協議をしたいが,「そのままでは遺産分割協議ができない」という事案をさらにもう1件ご紹介します。ケースその3です。遺産分割協 …続きを読む

認知症で遺産分割できない問題を奈良王寺の司法書士に相談依頼

いまさら聞けない相続人の取り分・相続分をハッキリ確認する

相続が開始して,あなたが相続人になっていると考えられる場合,次に考えないといけないのは,あなたの取り分,相続分は,どれくらいになるのかということです。 あなたは今,自分が相続人になっていると考えていますが,本当にその判断 …続きを読む

相続の承認放棄の3か月の熟慮期間を家庭裁判所に延長してもらう

  相続の承認放棄とは何か?その意味を再確認! 相続が開始したら,そのことを知ってから3か月内に,自分が「相続人になるかならないか」を決めないといけません。 「相続人になるかならないか」「相続人になるかどうか」 …続きを読む

相続の承認と放棄の期間を延ばす

親に都会に引っ越ししてもらうと相続税の節税対策になる

親など将来の遺産相続において相続税のかかる人が,いまより相続税評価の高い都市部等に新たに自宅を購入して引っ越すと相続税の節税になります。 なぜなら 自宅については,相続税の財産評価の計算において,330㎡を上限とし,80 …続きを読む

親に都会に引っ越してもらうと小規模宅地の特例で相続税の節税対策に

小さい子が相続人になっている場合に親(親権者)が正しく遺産分けをする方法

親族関係 被相続人(亡くなった人)=45才の若いお父さん 相続人=42才のお母さんと,20歳の長男そして歳の離れた12歳の長女 遺産 住宅(住宅ローン付)と預貯金が100万円ほど こういう相続を考えてみてください。まだ小 …続きを読む

親権者と子との利益相反