相続大全集

生命保険って相続税がかからないと聞いたけど本当??この点について説明します

« »

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
  • LINEで送る

生命保険金には相続税がかかる?

父親の遺産相続のことなんですけど,,,確か父親は大手生命保険会社の死亡保険に加入していて,私が受取人になっているらしいです。俺が死んだら生命保険金が下りるからそれで生活しなさい,「命保険は遺産相続じゃなくて契約でもらえるお金だからきっと相続税もかからないぞ」と言っていました。これは本当ですか?生命保険でもらったお金は金額にかかわらず相続税の対象にならないんでしょうか?申告はしなくていいのでしょうか?

お父さんは死亡保険をかけてくれていて,あなたが受取人になっておられるんですね。それは大変安心ですね。

しかし!

そのお父さんの言い分は嘘です。嘘というか,間違っています。正確ではない,と言ったほうがいいでしょうか。お父さんはおそらく民法に関する判例や裁判例を知っておられて,生命保険金は相続財産じゃないとおっしゃったと思います。それはそれでよいのですが,民法上相続財産であるかどうかということと,相続税法上の相続税の課税財産になるかどうかは別問題です。法律というのは相対的なものなのです。

結論から言うと,あなたが受け取ることになる死亡保険金(生命保険金)のうち,一定額を超えた部分が,相続税法上の「みなし相続財産」として,相続税の課税財産になります。一定額までの部分は,相続税の非課税財産になるので,相続税がかかりません。その一定額は,以下の式によって決まります。

500万円*法定相続人の数=生命保険金の非課税枠

さて,質問に答える形で少しお話が前のめりになりましたので,ここで改めて,生命保険金の相続税法上の取扱いについて整理してみたいと思います。

生命保険金については,二つに分けて考えることができます。よって分類して説明します。

父親の相続開始時に保険金をじっさいにもらえる生命保険金

生命保険に関する登場人物を整理してみましょう。

  • 契約者(保険者)
  • 被保険者
  • 受取人

で,,

  • 契約者というのは,生命保険契約を締結して保険料を納めている人です。
  • 被保険者というのは,保険がかかっている人で,この人の死亡によって保険金が支払われる人です。
  • 受取人というのは,文字どおり,保険金を受け取る人のことです。

さて,ここで相続税の対象になる生命保険金とは,契約者と被保険者が被相続人(父親)であって,受取人が相続人のあなたである契約にもとづき支払われる生命保険金です。

この生命保険金は,民法上相続財産ではありませんが,相続税では,みなし相続財産として,非課税枠を超える部分が課税財産になります。財産評価額は,当然ですが,受け取った生命保険金の金額から非課税枠を控除した額です。

父親の相続開始時には保険金はもらわない生命保険契約に関する権利

では,生命保険契約がこういう契約の場合はどうでしょう?

  • 契約者が,父親
  • 被保険者が,母親(存命)
  • 受取人が,子供で相続人であるあなた

今度亡くなるのは父親である。この場合,被保険者は母親で存命ですから,父親の相続開始によって生命保険金が支払われることはありません。当然です。しかし,生命保険金を支払っている父親の地位が,相続によって相続人に承継されるはずです。この契約者としての地位や権利は,相続税の課税財産になるのでしょうか?

これは,相続税の課税財産になります。こういう契約者としての地位や権利のことを,相続税法上,「生命保険契約に関する権利」と呼んでいます。生命保険契約に関する権利は,相続税の課税財産になります。この生命保険契約に関する権利の財産評価方法は以下のとおりです。

  • 相続開始の時において当該契約を解約するとした場合に支払われることとなる解約返戻金の額
  • ただし,解約返戻金のほかに支払われることとなる前納保険料の金額、剰余金の分配額等がある場合にはこれらの金額を加算し、解約返戻金の額につき源泉徴収されるべき所得税の額に相当する金額がある場合には当該金額を減算した金額で評価します。

« »

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
  • LINEで送る

関連記事

財産以外で遺言書に絶対書いてもらうべきことをお教えします

両親に遺言書を書いてもらう予定です。遺産相続で揉めないために。そのとき遺言書に書いてもらったほうがいいことはありますか?それは何ですか?と相談されることがあります。もちろん遺言書のメインは財産に関することなので,まずはそ …続きを読む

遺言執行者を指定し決めておく

もし親が死にそうで時間がないなら手書きで最低限の遺言書を書いてもらう

最低限の自筆証書遺言を書いてもらう人又は書くべき人 親が病気等で死期が迫っていて長くないのに,いままで遺言書を作っていなかったので遺産相続で揉めそうだというときは,親に手書きで最低限の内容の遺言書を書いてもらいましょう。 …続きを読む

最低限法的に有効な自筆証書遺言

遺産相続した貸土地の値段(評価)の付け方を説明します

相続人で遺産分けの話合いをしているが,遺産には不動産がいくつかあって,その中に,他人に借地として貸している土地がある。この土地は昔に更地の状態で他人に貸し出した後,借主が自分でその土地に住宅を建てて住んでいる。亡くなった …続きを読む

親の財産が少なくても遺言をしてもらったほうがいい理由について説明します

「親には遺言書を書いてもらったほうがいいよってよく言われるけどうちにはそんな財産ないし」 「同居している家と年金口座と預貯金が少しだけだと思うから遺言書書けなんて大層なこと言わなくても」 こういう話がよくありますね。確か …続きを読む

財産が少ない人の遺言

遺言書とセットで生前の財産管理を任せてもらう方法を説明します

将来亡くなったときの遺産相続の紛争を避けるために遺言書を作成しました。これで,死後の財産に関する紛争は防げると思います。では,生前のことについてはどうでしょうか。生前,典型的には高齢になった人の財産を特定の人が勝手に管理 …続きを読む

生前の財産管理,財産管理委任契約と任意後見契約