相続大全集

節税の基本メソッドはやっぱり生前贈与をしてもらうこと

« »

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
  • LINEで送る

相続税節税対策のポイントは生前贈与

「節税の基本メソッドは生前贈与だ」

今日はこのことについて説明します。節税つまり相続税の節税対策には二つの大きな考え方があります。以下の二つです。

  • 相続税の課税財産を減らす
  • 基礎控除を増やす

相続税は基礎控除額を超える遺産を相続した人に相続した額に応じて課税される税金なので,相続する遺産を減らすか,基礎控除額を減らすかすれば,相続税の負担が少なくなるからです。で,相続税の課税財産を減らす方法には次のようなものがあります。

  • 法定相続人や孫に生前贈与する
  • 生命保険契約をして保険料を支払う(生命保険金の非課税枠を活用)
  • キャッシュを不動産にかえて計算上の財産的価値(相続税評価)を下げる
  • 生前にお墓を買う(祭祀財産は相続税の非課税財産)
    などなど

さてこのうちで基本になるのが,法定相続人や孫に生前贈与をしてもらうこと。やはり両親など被相続人になるべき人から,法定相続人等に生前贈与を完了すれば,それは相続が開始したときに存する遺産・相続財産つまり相続税の課税財産ではなくなるので,その効果は直接的かつ明白です。次世代への贈与によって財産を生前に移転してしまえば,相続開始時には,遺産としては残っていないのですからね。

もっとも,相続税法には,贈与税についての規定がびっしり書き込まれています。何でもかんでも生前贈与が許され,さらに生前贈与に税金がかからないとすれば,相続税法などあってないようなもの。お国がそのようなことを許すはずがありません。亡くなったときに財産があれば相続税を,生前に贈与すれば贈与税を,というのが相続税法の基本的な仕組みであり考え方です。

ただし,国も鬼ではない?ので,贈与税には贈与税で,基礎控除という仕組みがあります。現行法では,年間110万円までの贈与は基礎控除額以下の贈与なので非課税です。なんだ,,年間110万円だけか,,と思いましたか?そんなことはありませんよ。まず,贈与税は財産をもらった受贈者が支払う税金です。なので,この基礎控除額の計算も受贈者ごとに行います。つまり人数制限はないのです。そして,この基礎控除の適用を受ける贈与に関し,財産をもらう受贈者の身分的制限もありません。子供じゃないとダメってことはない。子供の配偶者や孫にも基礎控除を使って贈与できるということです。

考えてみてください。ご両親がまだ10年以上生きるとして,あなたの兄弟の数と,あなたの孫の数を。1億円くらい無税で贈与することも不可能ではないと分かるはずです。ただし,早期に着手をして,一族仲が良ければの話ですが,,,この基礎控除を使った簡単な贈与に向いているのはこんな相続です。

  • 両親等が死ぬ(相続開始)まで時間がある,つまりまだまだ元気
  • 贈与できる親族がたくさんいて仲がいい
  • 両親等の財産(遺産や相続財産になりそうなもの)に預貯金やキャッシュが多い

こういう条件に当てはまらない方の場合には,ほかにもいろいろと,贈与契約を使った節税対策のテクニックがあります。贈与する相手方や,贈与の対象財産にバリエーションを加えるのです。

なお,そのあたりは複雑かつ専門的なので,相続税専門の税理士に相談すべきです。もちろん明徳司法書士事務所にご相談があれば,専門の税理士をご紹介します。

« »

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
  • LINEで送る

関連記事

成年後見人を家庭裁判所に申請して認知症の親名義の家を売却する方法

あなたはこういうことでお困りではありませんか? 親が高齢になった。弱っているので自分の家で引き取るか,施設に入所してもらう予定だ。となると親の家はいらなくなるので売却処分しないといけない。売却して現金化しないと,これから …続きを読む

市役所(市町村役場)への死亡届の出し方などについて詳しく説明します

人が死んだら,まずもって,死亡届を提出しないといけません。 なぜ? 形式的には,そのように戸籍法で決まっているからです。 実質的には,死亡届を提出して役場に死亡の事実を知らして,戸籍に記載してもらわないと,死亡の事実を関 …続きを読む

死亡届の出し方

相続税申告の準備(ステップ)と,期限(いつまでに)について説明します

ここでは,相続税の基本的な枠組みに関する知識と,将来両親等が亡くなって,相続が開始したときに,最低限何をすればいいのかを押さえておきます。これだけ覚えておいていただくだけで,かなり不安は減ると思います。 相続税とは? 相 …続きを読む

相続税申告期限と準備

遺産分け(遺産分割)マニュアル!「いつ」「どこで」「誰が」「どうやって」

相続人が誰で,それぞれの相続分の割合は分かったけど,そっからどうしたらいいの?誰がどの財産を相続するのかどうやって決めたらいいのか分からない?という場合があります。 相続人の相続分の割合が分かっただけでは相続の手続は前に …続きを読む

父親の事業・家業を相続で継ぐ(事業承継)のに遺言書が必要な理由を詳しく説明します

もし父親が会社の社長やオーナーで,あなたが将来父親が亡くなったときにその事業を継ぐ(事業承継・事業相続)予定をしているなら,父親の元気なうちに,父親に遺言書を書いてもらうことをおすすめします。いや,父親の生前に事業を引き …続きを読む

父親から相続で事業や家業を承継する場合の遺言書