相続大全集

遺言執行者が指定されてないと困ってしまう理由

« »

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
  • LINEで送る

遺言執行者がいないと困ること

遺言執行者とは遺言書の内容を現実化する人。遺言書のとおりに遺言者の意思を実現するひと。遺言書に書いてるとおり手続きする人のことです。遺言を執行するから遺言執行者といいます。遺言書で財産をもらうなら遺言執行者を必ず指定してもらってください。受遺者であるあなたを指定してもらうか,司法書士等法律の専門家を指定してもらうといいです。

(遺言執行者の権利義務)
民法1012条  遺言執行者は、相続財産の管理その他遺言の執行に必要な一切の行為をする権利義務を有する。
2  第六百四十四条から第六百四十七条まで及び第六百五十条の規定は、遺言執行者について準用する。

では,遺言執行者がいないと何か困ることがあるのか?遺言執行者がいなことによる具体的な不都合は何かについて簡単に説明します。「遺言執行者がいなくて困る」困るは困るでも,困り方?にいろいろあるんですね。分類して説明してみます。

遺言執行者がいないと遺言執行できないから困る(絶対無理)


遺言書

1.長男は非行著しく私に重大な侮辱をはたらいたので相続人から廃除する
2.愛人A子さんの男子は私の子供なので認知する
遺言執行者として司法書士中尾哲也を指定する
年月日
遺言者 父 印


このような遺言,つまり遺言書の1.と2.の遺言事項推定相続人の廃除等と認知は,遺言によってもすることができますが,遺言でこれらをするには,必ず遺言執行者の関与が必要です。相続人全員が協力してこの執行行為をすることはできません。なので,父がこのような遺言をしているのに遺言執行者を指定していないと非常に困ります。執行が不可能です。

こういうときは,仕方がないので,家庭裁判所に遺言執行者を選んでもらう申立てをします。司法書士などを候補者として裁判所にこの人を選んでくれと申請してもいいし,裁判所にお任せしてもかまいません。

(遺言による推定相続人の廃除)
民法893条  被相続人が遺言で推定相続人を廃除する意思を表示したときは、遺言執行者は、その遺言が効力を生じた後、遅滞なく、その推定相続人の廃除を家庭裁判所に請求しなければならない。この場合において、その推定相続人の廃除は、被相続人の死亡の時にさかのぼってその効力を生ずる。

 

(認知の方式)
民法781条  認知は、戸籍法 の定めるところにより届け出ることによってする。
2  認知は、遺言によっても、することができる。

戸籍法64条  遺言による認知の場合には、遺言執行者は、その就職の日から十日以内に、認知に関する遺言の謄本を添附して、第六十条又は第六十一条の規定に従つて、その届出をしなければならない。

相続人が協力しないとできないから困る(無理なこともある)


遺言書1

別荘は愛人A子に遺贈する。
年月日
遺言者 父 印


このような遺言があったとき,父から愛人に不動産の名義変更をする必要があります。不動産登記というものです。こういうときは遺贈の登記という登記申請をします。この遺贈の登記は,共同申請といって,不動産をもらって登記についての権利者になる愛人と,不動産を渡す義務を負うこちらサイドの双方が協力してしなければいけません。

愛人は不動産をもらうので手続きする気まんまんでしょう。しかしこちらサイドはどうか。やる気のある人は誰もいないでしょう。なのに共同申請の所有権移転登記に登記義務者として関与しないといけないのか?書類に実印を押して,見たことも話したこともなかった人に大事な印鑑証明書を渡さないといけないのか?考えただけで厳しそうです。

この遺贈の手続き。

  • 遺言執行者がいれば遺言執行者が登記義務者となって手続きに関与します。逆に遺言執行者がいるときは,相続人はしゃしゃり出て手続きに関与することはできないとされています。遺言執行者だけが遺言執行する権限をもっているわけです。
  • 一方,遺言執行者がいなければ,相続人の全員が登記義務者になって登記に関与する必要があります。

(遺言の執行の妨害行為の禁止)
同1013条  遺言執行者がある場合には、相続人は、相続財産の処分その他遺言の執行を妨げるべき行為をすることができない。

さてちょっと視点を変えて,もしあなたが愛人の立場だったら?愛人とは言わずとも,遺言で不動産をもらう人の立場だったどうでしょう?遺言執行者がいないと,まずは遺言者の相続人全員を探し出し,その人にアクセスします。そして遺言書のとおりに登記したいので協力してくださいとお願いします。しんどいですよね。簡単に協力が得られると思いますか?難しいことが多いでしょう。

こういう遺言書,つまり遺贈をするような場合は,相続人が協力しにくい,協力が得られにくいので困る。やはり遺言執行者がいないと困りますね。

遺言執行者について詳しいことはこちらを見れば分かる!

遺言執行者が必要?なら家庭裁判所に請求して選任してもらう

« »

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
  • LINEで送る

関連記事

ちょっと待った!安易に相続した遺産を使ってはいけない理由

現状) お父さんが急に亡くなった。お父さんは退職後にちょっとした事業をしていて,少ないかがらもいくらか財産が残っていた。多分借金はなかったと思うが,はっきりしない。友人から少し用立ててもらったという話を聞いたことがある。 …続きを読む

法定相続人でも相続人になれない三つのケースついて説明します

法定相続人というのは,法律で,ある人が亡くなった場合に,遺産相続の相続人になると決められている人のことです(遺言があればまた別ですが,これは別のところで説明します)。 「身内の関係が近い順から相続するんでしょう?」という …続きを読む

いますぐに親の生前贈与の相手を子供から孫に切り替えたほうがいい理由

いまあなたは親から毎年110万円(111万円?)の生前贈与を受けていますか?もしかするとあなたは親の立場で,息子や娘に,毎年110万円の生前贈与をしていますか?それって何のために? 節税対策のために毎年する定期贈与・暦年 …続きを読む

3年以内の贈与は孫にして節税対策を

なぜ親の財産の内容を聞きだしておかないといけないかお教えします

「私が死んだら遺産は兄弟で分けなさい。家はお前が継いだらいいじゃないか」 と親に言われています。しかしただそれだけ。親がいくら持っているのかとか,どこに,どんな財産があるのかとか,そういうことはいっさい聞いてないです。ま …続きを読む

遺産相続に備え親の財産の内容を聞き出す必要性

なぜ相続人が多い(大勢いる)と遺言書の作成が必要かお教えします

遺言書を書いたほうがいい,又は遺言書を書いてもらったほうがいいケースにはいろいろありますが,被相続人が亡くなったときに,法定相続人がたくさんいるケース,つまりある人が将来亡くなり相続が開始したと仮定して,その推定相続人が …続きを読む

相続人や兄弟が多い人は遺言書を作成したほうがいい