相続大全集

遺言書のとおり手続する遺言執行者は誰がどうやって決めるのかお教えします

« »

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
  • LINEで送る

遺言執行者は誰がどこでどうやって決める

民法1012条1項
遺言執行者は,相続財産の管理その他遺言の執行に必要な一切の行為をする権利義務を有する。

遺言執行者という言葉を聞いたことがありますか?遺言執行者とは,文字どおり,遺言書のとおりに財産に関する手続き等をやってくれる人,遺言が効力を生じた後,遺言書の内容を実現する手続きをしてくれる人のことです。遺言の内容を執行(実現)するから遺言執行者です。

遺言執行者が決まっていないと困ることが多いです。あなたが遺言で財産をもらう受遺者であっても,また遺言で財産をもらうのが他人で,あなたがその遺贈を履行する義務を負う遺贈義務者であってもです。遺言執行者がいないと,何か知らないけど遺言書に関係ないような相続人全員が,遺言書の手続きをするのに駆り出されて面倒だったり難儀だったり,また他人に印鑑証明書を要求されたりと,不安になることもままあります。遺言書には遺言執行者が必須だと思います。

それは分かってるよと。じゃあその遺言執行者というのはどのように決めておいてもらえばいいのか,決まるのか,というのが本題です。

遺言による遺言執行者の指定

結論から言いましょう。結構シンプルです。遺言書を執行する遺言執行者なので,遺言執行者は遺言書で指定すればいいんです。遺言執行者の指定は,次民法の条文のとおり,法定された遺言事項(遺言書に書くと法的効力のある事柄)です。

(遺言執行者の指定)
民法1006条  遺言者は、遺言で、一人又は数人の遺言執行者を指定し、又はその指定を第三者に委託することができる。
2  遺言執行者の指定の委託を受けた者は、遅滞なく、その指定をして、これを相続人に通知しなければならない。
3  遺言執行者の指定の委託を受けた者がその委託を辞そうとするときは、遅滞なくその旨を相続人に通知しなければならない。

このとおり,遺言書で遺言執行者を直接誰々と指定してもいいし,遺言執行者を指定する人を誰々と決めてもいいです。普通は回りくどいので前者,つまり直接指定します。遺言執行者の指定のある遺言書はどんなものか,書いてみましょうか。


遺言書

1.自宅は長男に相続させる。
2.遺言執行者として司法書士の中尾哲也を指定する。
年月日
遺言者 父 印


2.のところです。こういう一文を書くだけで遺言執行者の指定は完結。簡単でしょう。そうそう,未成年者と破産者は遺言執行者になることができません。これを遺言執行者の欠格事由と呼びます。高齢者が未成年者に遺言をするときは,受遺者本人以外を遺言執行者に指定してください。

(遺言執行者の欠格事由)
民法1009条  未成年者及び破産者は、遺言執行者となることができない。

家庭裁判所による遺言執行者の選任

さて,遺言書で遺言執行者を無事指定してあるときはいい。遺言書で遺言執行者を指定し忘れた場合はどうでしょう。また,遺言執行者に指定された人が高齢で先に亡くなっていたり,指定されていた司法書士や弁護士が高齢で引退しているような場合はどうなるのでしょう。

そういうときは,家庭裁判所に遺言執行者を選んでもらいます。管轄の家庭裁判所に遺言執行者の選任申立という申請をすると,家庭裁判所が遺言執行者を選んでくれるんですね。

(遺言執行者の選任)
民法1010条  遺言執行者がないとき、又はなくなったときは、家庭裁判所は、利害関係人の請求によって、これを選任することができる。

遺言書の内容の中には,遺言執行者による執行行為が必ず必要なものがあります。こういう遺言事項があるのに遺言執行者の指定がないとか,いないときは,必ず家庭裁判所に遺言執行者選任をお願いしないといけません。

また,相続人全員が協力すれば遺言執行ができるような遺言事項であっても,手続きが分からないとか,面倒だとか,適正・確実を期すとかいう理由で遺言執行者の選任を裁判所にお願いすることもできます。相続人自分たちでやろうと思えばできなくはないが,遺言執行者にやってもらったほうがいいな,というのも認められているんですね。司法書士などを候補者に立てて申請すれば,特に問題ない限り,その人を選んでくれるはずです。

  1. 遺言書には遺言執行者が付き物である。
  2. 遺言執行者は原則として遺言書で指定する。
  3. 遺言執行者が指定されてないか,指定されていたがいなくなっているときは,家庭裁判所に言えば選んでくれる。

これだけ覚えておいてください。

遺言執行者についてもっと知るにはこちら!

遺言執行者が必要?なら家庭裁判所に請求して選任してもらう

« »

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
  • LINEで送る

関連記事

自分で書いた自筆証書遺言は開封しないで早く家庭裁判所で検認してもらう

親など被相続人が自分で書いた自筆証書の遺言書が見つかったら,なるべく早く管轄の家庭裁判所に持っていって,自筆証書遺言の検認手続をする必要があります。 自筆証書遺言の検認とは何か 自筆証書遺言の検認とは,公正証書遺言以外の …続きを読む

自筆証書遺言の検認を家庭裁判所に申請

遺言書で財産をもらったのに返さないといけない遺留分という制度を説明します

こういう事例を想像してみてください。あなたがこの人達の立場だったら? ケース1 私はA男と20年付き合ってきた。出会った当初は奥さんがいていわゆる不倫関係からスタートし,その後奥さんが亡くなった後は,ほとんど妻と同じよう …続きを読む

遺留分請求を受けて財産を返さない

法定相続人(推定相続人)じゃなくても遺言書で財産をもらえると知っていますか

法定相続人(推定相続人)じゃなくても遺言書を書いてもらえば財産をもらえるか??? 結論 答えは「Yes」です。 法定相続人じゃなくても遺言書を書いてもらえば相続で財産をもらうことができます。財産は全部でも一部でもかまいま …続きを読む

相続人以外が遺言書で財産をもらう

矛盾する?しない?親の現金は不動産に,不動産は現金にすると相続対策になる理由

将来の相続対策として,「現金」を「不動産」に,そして「不動産」を「現金」化しておくことを検討ください。 ???これらのことは矛盾しているように思われますか?しかし場合によってはこれは矛盾しない相続対策になります。以下説明 …続きを読む

現金は不動産に,不動産は現金にして相続対策

あなたが内縁の妻なら夫の相続に絶対遺言書が必要である理由を説明します

私はもうかれこれ20年来うちの人と二人で暮らしています。うちの人が奥さんと離婚してからずっとです。正式に結婚はしていませんが(婚姻届は出してない),夫婦当然にやってきました。夫よ呼ぶことにします。夫は正妻と離婚後,住んで …続きを読む

内縁の妻・事実婚の遺産相続