相続大全集

親の遺言書が2通出てきたらどっちが有効か知っていますか?

« »

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
  • LINEで送る

2通の遺言書 どちら

父親が死んで家の片付けをしていたら,テレビボードの中から1通,タンスの中から1通,全部で2通の自筆証書遺言が出てきました。両方父親が書いたものに間違いありません。確かに父親の自書したものです。日付も氏名も印鑑も押してあって,自筆証書遺言として無効になるようなところはありません。大変なことに,この遺言書の内容が全然違うものでして,兄弟の相続する遺産がまったく違っているんです。まるであべこべで。悪いことに私達兄弟は兄弟仲が悪くて,どっちも俺が預貯金をもらうと言って譲りません。私もそのほうが都合がよくて,,,遺言書が2通ある場合,どっちが父親の遺言書になるんですか?話合いで決めるんですか?家庭裁判所が決めるんですか?それとも両方無効になっちゃうんでしょうか?

これは簡単です。次のように考えてください。

  • 作成日付の新しい遺言書が有効になります。
  • 2通の遺言書の内容に齟齬があれば,齟齬している部分は新しい遺言書で古い遺言書を撤回したことになります。重なっていない部分は古い遺言書のままです。今回は内容があべこべでまったく違うらしいので,新しい遺言書のみが有効になるでしょう(古いほうの遺言書は撤回されて無効)。

この点,法律にはこのように書かれています。

(前の遺言と後の遺言との抵触等)
民法1023条  前の遺言が後の遺言と抵触するときは、その抵触する部分については、後の遺言で前の遺言を撤回したものとみなす。
2  前項の規定は、遺言が遺言後の生前処分その他の法律行為と抵触する場合について準用する。

さて,自筆証書遺言も公正証書遺言も,かならず遺言書には日付が書かれます。この日付が非常に大切でして,この事例のように遺言書が複数出てきたときに,どちらが有効かを決める決定打になるんですね。

なお,教科書事例(じっさいにはあまりないケース)ではありますが,同一日付の遺言書が二つ出てきて,内容が齟齬する場合どうするか?

2通の遺言書のどちらが先の時刻に書かれたか判明するようであれば,前記と同様に考えることができます。2通の遺言書のどちらが先に書かれたか明らかでないときは,受遺者で話合いをするしかないと思います。どちらも相続人であれば,事実上の遺産分割協議です。協議が決裂したら,これら遺言書は,遺言書としては,どちらも無効だと解さざるを得ないでしょう。

営業エリア・業務地域を教えてください。

« »

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
  • LINEで送る

関連記事

物でいっぱいの親の家の家財道具はこうして片付ける!その方法について説明します(遺品整理の場合もほぼ同じです)

将来両親が亡くなれば当然家は片づけないといけないのですが,今日お話しするのは,親の生前に,親の家を片づけるケースです。親が生きている場合でも,以下のようなケースでは,子供であるあなたが,親の家を片づけないといけないケース …続きを読む

親の家を片づける

贈与税非課税で土地や建物を子供や孫に贈与し登記名義を変更する方法(相続時精算課税)

住宅(土地・建物)の名義を子や孫に移したい 住宅その他の土地建物を,生前に,親や祖父母から,子や孫に変えておきたいと希望されるケースがあります。どんなケースでしょうか。以下のような場合です。 高齢になってきたので生前に遺 …続きを読む

相続時精算課税で親子や祖父母から孫に住宅を生前贈与する

戸籍謄本や除籍や原戸籍を取り寄せて相続人の全員を確定し相続関係説明図を作成する

戸籍謄本や除籍を集めないといけない理由 「相続の手続きをするために戸籍やら除籍やらたくさん集めないといけないって」 こういう話を聞いたことがあるはずです。そうです。遺産相続の手続きをするには,戸籍謄本,除籍謄本,原戸籍謄 …続きを読む

相続で戸籍謄本を取り寄せる

親の土地を二つ分ける(分割・分筆)と相続税の節税になる理由を説明します。

土地を二つに分けると相続税を節税できる場合があります。それもかなり大きく節税できる可能性が。今日はその理由とやり方について簡単に説明します。 土地を二つに分けると土地の相続税の財産評価を下げることができるから節税対策にな …続きを読む

親の土地を分筆して相続税を節税

親の財産目録(財産のリスト)をどうやって作るか具体的な方法を説明します

もしあなたが相続対策(争族対策・節税対策・納税資金対策)の必要性を感じて,親からあらかたの財産の内容を聞き出したとします。そして今度実家に帰って?財産に関する書類を預かるか,コピーをとって,持ち帰ることができるとします。 …続きを読む

親の遺産相続の財産目録の作り方