相続大全集

未成年者でも遺言を書くことができるって知っていますか?

« »

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
  • LINEで送る

未成年者の遺言能力

あなたは未成年者ですか?未成年者でも遺言書を書くことができるって知っていますか?そんなにあることじゃないけど,このページを見ているあなたなら,何かの理由でそんなことを考えているかもしれませんね。

ほかのところでも書きましたが,死後に自分の財産の行方を決める遺言書は,要式行為と言って,民法という法律で決まっている厳格な方法にしたがって作らないと法的な効力がありません。つまり無効です。少し細かいことを言うと,,,

  1. 遺言能力ある人が
  2. 一定の方式にしたがって
  3. 遺言事項について
    書いた(作成した)遺言書のみが有効となり,法的な効力が認められます。
  • 遺言能力とは遺言書を書く(作成する)ことができる人はどんな人かという問題です。
  • 一定の方式というのは,自分で書く自筆証書や,公証人役場で作成する公正証書という遺言書の種類ごとに,なにをどうすればいいかという具体的な手順が決まっているそのことです。
  • 遺言事項というのは,遺言書に書いて法的効力が認められる事項のことです。遺言書には何でも書けますが,そのうち法的効力が認められるのは,「遺言書に書くと法的効力があるよ」と法律に書いてあることだけです。

さて,未成年者が遺言書を書けるかどうかということは,その遺言能力に関係することです。未成年者が遺言書を書けるのなら,未成年者には遺言能力があると言えるし,未成年者が単独で遺言書を書くことが許されてないなら,未成年者には遺言能力がないと言えます。

結論を言えば,未成年者には遺言能力があります。ただし,次のように法律に書いてあるので条件付きで。

民法961条
満15歳に達した者は,遺言能力を有する。

ここでちょっと疑問を持つ人もいるのでは?一般に契約などの法律行為をするには,成人(二十歳)じゃないといけないと聞いている。未成年者は,親権者が代理してするか,親権者の同意を得ないと,ちゃんとした法律行為ができないと。それはそのとおりです。

しかし,遺言書についてはその例外になっています。遺言書に限っては,満15歳になっていれば,単独で,有効に遺言書を作成することができます。自筆証書遺言であっても,公正証書遺言であっても問題なくできます。そして,逆に言うと,遺言書に限っては,親権者があなたに代わって遺言書を書いたり,あなたの遺言書に同意したりする権利はありません。あなたのみが遺言書を書くことができる当事者なんです。未成年者でも,単独で有効に遺言書を書くことができる。これが結論になります。

未成年者が遺言書を書いたほうがいいケースなんかあるの?どんなケースが考えられるの?このことについて少しお話して終わりにします。

例)

あなたは18歳,両親は離婚し,母は家を出た。あなたは父親に育てられた。しかし父親は亡くなってしまい,あなたが預貯金と住宅を相続した。あなたは未成年なので,祖父母と一緒に暮らしている。母のことはよく思っていない。

あなたは難病をり患した。余命1年を宣告された。あなたは未成年ながら財産を持っている。あなたが死亡すれば,遺産は全部母親が相続することになる。しかしあなたはそれを許さない。祖父母や,場合によっては父の兄弟つまり叔父叔母に相続させたいと願う。

このようなとき,未成年のあなたは単独で遺言書を作成して,あなたの意思で,遺産の行く先を決めておくことができます。

« »

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
  • LINEで送る

関連記事

遺言書で財産をもらったのに返さないといけない遺留分という制度を説明します

こういう事例を想像してみてください。あなたがこの人達の立場だったら? ケース1 私はA男と20年付き合ってきた。出会った当初は奥さんがいていわゆる不倫関係からスタートし,その後奥さんが亡くなった後は,ほとんど妻と同じよう …続きを読む

遺留分請求を受けて財産を返さない

不謹慎ではありません。元気なうちに親の財産を調べる方法について具体的に説明します

説明いたします。 その内容は,こちらに詳しく書いておきました。 自分でできる!相続財産の調査方法を誰よりも詳しく説明します どうして調べないといけないのか,調べたほうがいいのか,についてはこちらをどうぞ。 節税のスタート …続きを読む

元気なうちに親の財産を調べる

なぜ親の財産の内容を聞きだしておかないといけないかお教えします

「私が死んだら遺産は兄弟で分けなさい。家はお前が継いだらいいじゃないか」 と親に言われています。しかしただそれだけ。親がいくら持っているのかとか,どこに,どんな財産があるのかとか,そういうことはいっさい聞いてないです。ま …続きを読む

遺産相続に備え親の財産の内容を聞き出す必要性

遺言書だけでは死後の問題が解決しない?安心できない?その理由を説明します

遺言書があれば安心? さて将来の遺産相続の紛争を避けるために遺言書を公正証書で作成しました。もうこれで安心,何も心配することはない,となるかといえば,そうとも言えません。え?そうなの?遺言書を作成すれば安心だと言われて作 …続きを読む

葬儀,納骨,永代供養,役所の手続きは死後事務委任契約で

未成年者と親では遺産分割できないので家庭裁判所に特別代理人を申請する

そのままでは遺産分割協議ができないケース その2 今日も,相続が開始して共同相続人で遺産分割協議をしたいが「そのままでは遺産分割協議ができない」という事案を紹介します。遺産分割協議がでいないと相続の手続きがストップします …続きを読む