相続大全集

「死んだら全部お前にやる」と口頭で遺言してもらっても無効だと知っていますか?

« »

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
  • LINEで送る

同居していた父が亡くなりました。父は生前私を一番可愛がってくれており,同居していたこともあって,「俺が死んだら財産は全部お前にやる。俺の財産はお前のものだ」と言っていました。特に亡くなる間際は頻繁にそのように言っていました。父の遺志なので,相続財産は全部私のものですよね?特に遺言書というような形式ばった書類は残してかったようなんです。

結論から言います。

相続財産は法定相続になります。

あなたが全部相続財産を相続できるわけではありません。個人の遺言書がない以上,法定相続人共同で遺産を相続します。法定相続人遺産分割協議をして,財産を全部あなたが相続していいと納得してもらわない限り,お父さんの遺志のとおりにはなりません。

ひどいですか?非常だと思われますか?しかし法律ではそうなっています。お父さんが自分の亡くなった後,遺された財産をどうするかを法的に決めておくためには,遺言書を書かなければいけなかったんです。口で言っているだけでは駄目だったんですね。

遺言書がないとダメ!

故人が生前自分が所有していて,亡くなったときに遺された財産の行く先を決めるなど財産処分をするには,遺言書を書かないといけません。そのように法律で決まっています。遺言書によらない故人の死後の財産処分は,法的には無効です(生前贈与したなら別ですが)。このようなことをもって「遺言は要式行為である」といいます。法的に有効な遺言をするには,法律つまり民法に書いている方式にしたがって遺言書を作らなければいけないという意味です。民法に書いてある方式にしたがわない遺言書はで無効です。遺言書があっても,法律に書いてある方式に合致していなければ無効。遺言書がないとなれば,問答無用で無効なのは言うまでもありません。

遺言書がないといけない理由

厳しいようですがそれが法律です。そのようになっていることににはそれなりの理由があります。というのは,「死人に口なし」という言葉があるように,故人の遺志がどうだったかということは,故人が亡くなって本人の意思を尋ねることができない今,誰も正確に知ることができないからです。つまりこのように言っていた,あのように言っていたと相続人が好き放題言い合って,紛争が生じることがあり,そうなると誰の言い分が正しいのか一概には判断することができないのですね。

なので法律は,法律に決まっている方式に従って誰にでもパッと見て故人の遺志が判断できるような遺言書を作っていなければ,故人による法律行為(財産の処分行為)は無効である,としているんです。

あなたにできること!とるべき手段!

このことが分かったところであなたにできることは限られています。

もし設例と違って,父や母,つまり今後亡くなって財産を遺される予定の人がまだ生きているなら,法律に書いてある方式によってちゃんとした遺言書を書いてもらいましょう。ちゃんとした遺言書の作り方が分からなければ司法書士に相談してください。

遺言書の作成を司法書士など専門家に頼むメリットとデメリットをお教えします

もし設例どおりすでに父等が亡くなっているなら,故人が言った言わないは法的に無効であると受け止めましょう。そのうえで,それを踏まえて,他の法定相続人との話し合い,つまり遺産分割協議書をしましょう。あなたが遺産を法定相続分を超えて受け取りたいなら,「お父さんの遺志」は,遺産分割協議において他の相続人に譲歩してもらうための「一つの事情」として持ち出しましょう。「お父さんもこのように言っていたし,お父さんの言い分を尊重してあげてほしい」と。決して,「お父さんがこう言っていたから絶対そうするのだ!!」と切り出してはいけません。あなたにはその権利がないのですから。

遺産分割協議のやり方と遺産分割協議書の作り方

営業エリア・業務地域を教えてください。

« »

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
  • LINEで送る

関連記事

相続財産の遺留分(いりゅうぶん)が侵害されて取り戻したいなら遺留分減殺請求(げんさいせいきゅう)をする

ここで説明するのは,あなたが遺言で財産をもらった場合じゃなく,親など被相続人が書いた遺言書であなたの相続に関する遺留分が奪われている場合。すなわち,親などの被相続人が遺言書で他の法定相続人や第三者に多くの財産をあげてしま …続きを読む

遺留分減殺請求をする

親が貸している土地は相続税を減額してもらえるのかどうか説明します

父親も高齢になりました。父親は不動産投資が好きで若いころはいろいろやっていたそうです。バブルの頃は相当儲かったらしいですが,その後結構損もして,いろいろと整理しました。それでも,いくつか不動産を持っているので,わたしも相 …続きを読む

貸している土地の相続税評価額

相続税の申告を依頼する専門の税理士の選び方

当事務所(明徳司法書士事務所)は遺産相続関連の法律実務を専門にしているので,よく相続税の申告を任せる税理士の先生の紹介を頼まれます。基礎控除の引き下げ等,相続税の課税対象が拡大するなかで,今後も相続税の申告をしなければい …続きを読む

奈良王寺の明徳司法書士に相続税の税理士の紹介を依頼

遺留分の割合は相続人ごとに違うことを知っていますか?

全財産とか遺産のほとんどを遺言でもらっても,相続人から請求されたときは,一部返さないといけないのはご存知ですよね。そうです,遺留分制度です。亡くなった被相続人の配偶者とか子供とか,場合によっては両親あなどの直系尊属には遺 …続きを読む

遺留分割合は違う

最終チェック!遺言書を作成する(書く・書いてもらう)ときチェックすべき五つのポイント

いざ遺言書を作成したり書いてもらったりするときの最終チェックポイントをお教えします。遺言書は何度でも撤回や書き直しができますが,できることなら1回でバシッと決めたいところです。以下に該当するようなことがないかチェックして …続きを読む

遺言書作成の注意点・チェックポイント