アーカイブ

法定相続(ほうていそうぞく)

民法に規定されている法定相続人が法定相続分のとおりに相続することです。民法は,相続が開始した場合に,誰が法定相続人になるのかを定めています。また,法定相続人の,それぞれの取り分,つまり法定相続分について定めています。なお …続きを読む

法定相続(ほうていそうぞく)イメージ

法定相続人(ほうていそうぞくにん)

被相続人の死亡によって相続が開始した場合に相続人になる者として民法に書かれている人のことです。相続順位が決まっていて,優先順位にある人が生きていると,劣後する順位にある人は法定相続人になりません。配偶者は,相続人になる人 …続きを読む

法定相続人(ほうていそうぞくにん)イメージ

法定相続分(ほうていそうぞくぶん)

民法に規定されている法定相続人の遺産の取り分のことです。1/2とか,1/3とかいう具合に抽象的な割合で表されます。相続分の割合は,誰と誰が相続人になるのか,つまり相続人組み合わせによって決まります。次のとおりです。 子供 …続きを読む

法定相続分(ほうていそうぞくぶん)イメージ

物権(ぶっけん)

民法上,人間が,物(ぶつ)を,直接的・排他的に,支配する財産権です。民法に規定されている財産権は,物権(ぶっけん)と債権(さいけん)の二つです。物権は物に対する権利。債権は人に対する権利(特定人から特定人にある行為を請求 …続きを読む

物権(ぶっけん)イメージ