利付公社債(りつきこうしゃさい)

公債や社債の券面に利札(クーポン)がついているもののことです。毎年決まった時期に,公債や社債権者に対して利息が支払われます。相続税の財産評価では,公社債は,この「利付公社債」と「割引発行の公社債」そして「転換社債型新株予約権付社債」に分けられ,それぞれに評価の方法が決められています。利付公社債については,さらに,東京証券取引所などの金融商品取引所に上場しているもの,日本証券業協会の売買参考統計値が公表されているもの,及びそれ以外のものに分けられ,それぞれに細かく評価します。