類似業種比準方式(るいじぎょうしゅひじゅんほうしき)

相続税を計算するために財産評価を行いますが,「類似業種比準方式」とは,遺産が「取引相場のない株式」である場合に,この株式の財産評価をする方式の一つです。上場会社等ではない株式は,市場価格がないので,会社の規模などによって,財産評価をする方法が細かく決められているのです。類似業種比準方式とは,簡単に言うと,評価する株式を発行している会社と類似する業種の上場会社の株価を基準に評価する方法です。上場企業に匹敵するような大会社の株式にこの評価方式が採用されます。