暦年課税(れきねんかぜい)

贈与税の課税方法の一つです。暦年課税とは,毎年1月1日から12月31日までの1年間に贈与された財産の価額の合計額から,110万円の基礎控除額を控除し,これに金額に応じた税率を掛けて,その年の贈与税額を計算する方法です。計算した贈与税額は,翌年の確定申告時期に送付します。
もう一つの方法が,「相続時精算課税」です。こちらは,一定の金額までの贈与について直ちに贈与税を支払わず,相続時に相続税として計算したうえ納付します。ただし一定金額を超える部分については,翌年,一律20%の贈与税を支払います。贈与税は相続税の補完税であることから認められている方法です。