暦年課税分の贈与税額控除(れきねんかぜいぶんのぞうよぜいがくこうじょ)

相続税の税額控除の一つです。税額控除とは,基礎控除や各種控除をした後の課税価格に税率を掛けて算出した相続税額から,さらに引くことができる控除額のことです。「暦年課税分の贈与税額控除」は,相続開始前の3年以内に,贈与財産に贈与税が課税されている場合に,贈与を受けた人の相続税額から,支払済みの贈与税額を控除できる制度です。どうしてこういう控除があるのかを説明します。
相続税の課税価格には,相続開始前3年以内にした贈与財産の価額を戻し計算して加算することになっています。死亡直前の贈与は,実質相続と考えることができるからです。ところで贈与税は,相続税の補完税といわれ,死亡時の相続税を逃れるためにされる生前贈与に課税して,バランスをとるために存在しています。そのため,贈与税を支払ったにもかかわらず相続税も課税すると二重取りになるので,この暦年課税分の贈与税額控除の仕組みが用意されています。