連帯債務(れんたいさいむ)

複数いる債務者が,それぞれに,債権者に対して,全部の債務の履行義務を負い(逆にいうと,債権者は,全員に対して,債務の全部の履行を請求できる),その中の1人が弁済すれば,すべての債務者が債務を免れるという法律関係のことです。連帯債務については,債権者に対する対外的な効力と,債務者間の内部での体内的な効力に分けて考えることが必要です。そして,対外的な効力は,債務者の1人に生じたことが他の全員に効力を及ぼす絶対効と,そうではない相対効に分類しておくことが必要です。

○対外的効力
絶対効は次のとおりです。これ以外のことは相対効です。
・弁済(代物弁済,供託を含む)
・履行の請求
・更改
・相殺
・債務免除
・混同
・時効の完成
○体内的効力
連帯債務者は,その全員が,債権者にたいしてそれぞれ全部の履行義務を負いますが,債務者間では特約で負担部分を決めることができます。負担部分を超える履行をしたときは,他の債務者に対して求償をすることができます。