取引相場のない株式(とりひきそうばのないかぶしき)

相続税法上の用語で「取引相場のない株式」とは,「上場株式」や「気配相場等のある株式」に該当しない株式のことです。相続税法では,株式を,「上場株式」「気配相場等のある株式」「取引相場のない株式」にわけて,財産的な評価をします。
取引相場のない株式の相続税評価は,原則的評価方式又は例外的な評価方法によって行います。

原則的評価方式)
・類似業種比準方式 類似する業種の上場会社の株価を基準に評価
・純資産価額方式 会社の資産などを相続税の財産評価基準によって評価した後,負債などを引いて評価
・併用方式 類似業種比準方式と純資産価額方式を併用し評価
例外的な評価方法)
・配当還元方式 その株式から1年間で得られる利益配当金額をもとに評価