みなし相続財産(みなしそうぞくざいさん)

民法上は被相続人の遺産ではないが,相続税法上は相続財産として課税の対象になる財産のことです。相続人がこれを受け取った場合は「相続」で,相続人以外の人が受け取った場合は「遺贈」で,それぞれ取得したものとみなされます。具体的には,死亡退職金や,被相続人が被保険者・保険料負担者だった生命保険などのことです。