法定相続(ほうていそうぞく)

民法に規定されている法定相続人が法定相続分のとおりに相続することです。民法は,相続が開始した場合に,誰が法定相続人になるのかを定めています。また,法定相続人の,それぞれの取り分,つまり法定相続分について定めています。なお,法定相続の反対語は「遺言相続」です。一般には,法定相続が原則で,遺言相続が例外だと思われていますが実は逆です。民法では,遺言相続を優先しています。遺言によって,法定相続人以外の人に財産を譲渡できるのがその証拠です。