特別受益(とくべつじゅえき)

相続人が,被相続人から,生前に多額の贈与を受けているような場合に,これを相続分から差し引いて,相続人間の取り分を公平にするための仕組みです。相続分を修正する事由の一つです。どんなものが差し引き計算の対象になる特別受益に当たるかについて,民法には次のように書いてあります。
「被相続人から遺贈を受け,又は婚姻若しくは養子縁組のため若しくは生計の資本としての贈与」
つまり,相続分の前受けと評価できるような,生計の資本としての贈与などが対象になります。