法定相続人(ほうていそうぞくにん)

被相続人の死亡によって相続が開始した場合に相続人になる者として民法に書かれている人のことです。相続順位が決まっていて,優先順位にある人が生きていると,劣後する順位にある人は法定相続人になりません。配偶者は,相続人になる人と同順位の扱いで,常に法定相続人になります。また,法定相続人となるべき子又は兄弟姉妹が,被相続人より先に死亡等していて相続人になれないときは,その者の子などが法定相続人になります(代襲相続)。

第一順位 子
第二順位 直系尊属
第三順位 兄弟姉妹
別格(常にこれらと同順位)