物権(ぶっけん)

民法上,人間が,物(ぶつ)を,直接的・排他的に,支配する財産権です。民法に規定されている財産権は,物権(ぶっけん)と債権(さいけん)の二つです。物権は物に対する権利。債権は人に対する権利(特定人から特定人にある行為を請求する権利)です。
物権には,物権法定主義という考え方が基本的に採用されます。法律に定められている物権以外は認められないという原則です。これは,民法の大原則の一つで,とても重要な考え方です。ただし,いくつかの例外があります。
物権には,次の種類があります。

○民法上の物権
・占有権
・所有権
・地上権
・地役権
・永小作権
・留置権
・先取特権
・質権
・抵当権(根抵当権)
○民法以外の法律で定められた物権
・鉱業権
・漁業権
・採石権
・商事留置権
・商事質権
・企業担保権
など
○慣習で認められている物権(物権法定主義の例外)
・流水利用権
・温泉権
など