路線価方式(ろせんかほうしき)

相続税が贈与税を計算するための財産評価のうち,宅地を評価する一つの方式のことです。路線価方式は,国税庁の定めた土地の路線価にその土地の㎡数を掛けた後,各種の修正(間口の広さ,土地の形など)を行って宅地の評価額を計算する方式です。
もう一つの方式は,倍率方式と呼ばれる方式です。路線価が定められていない土地は,路線価方式で評価することができないので,倍率方式で計算します。倍率方式は,その宅地の固定資産税評価額に,国税庁の定めた評価倍率表に記載された倍率を掛けて計算します。