代価分割(だいかぶんかつ)

代価分割とは,物が複数人の共有になっている場合において,これを分割する方法の一つです。物を売却して代金を分ける方式の共有物分割のやり方です。別名を「代金分割」といいます。
法律は,一つの物には,一つの所有権があり,ひとりの所有者がいる状態を理想的なものと考えています。権利関係が分かりやすくて,揉めることがないからです。ただし,いくつかの例外があります。共有もそのうちの一つです。共有とは,一つの物を複数人で持ち合うことですが,物理的に物のどの部分を所有するかを決めずに,全体について,1/2とか,1/3とかいう抽象的な割合で所有します。
こういう権利関係も認められていますが,やはり望ましくないことに変わりはないので,法律は,いつでもこの共有関係を解消することを認めています。これが「共有物分割」です。
共有物分割には,次のようなやり方があります。代価分割もそのうちの一つです。

・現物分割
物そのものを物理的に分けるやり方
・価額賠償
物を誰の所有にして,所有権を失う人にお金を支払うやり方
・代価分割(代金分割)
物を売却してしまって,代金をみんなに分けるやり方