代襲原因(だいしゅうげんいん)

代襲相続を生じさせる原因(理由)となる事実のことです。
代襲相続とは,子供又は兄弟姉妹が相続人となるはずの相続が開始した場合において,その子供又は兄弟姉妹が,被相続人よりも先に亡くなっているなど「一定の事実」に該当して相続できないとき,その子供や直系卑属が代わりに相続人になる相続のことです。この場合における「一定の事実」のことを「代襲原因」といいます。
代襲原因は以下のとおりです。

・死亡
・相続欠格
・相続人廃除

なお,子供又は兄弟姉妹が「相続放棄」をしたことは代襲原因になりませんのでご注意ください。