代襲相続(だいしゅうそうぞく)

代襲相続とは,「子供又は兄弟姉妹」が相続人となるはずの相続が開始した場合において,その子供又は兄弟姉妹が,被相続人よりも先に亡くなっているなど「一定の事実」に該当して相続できないとき,「その子供や直系卑属」が代わりに相続人になる相続のことです。
なお,上記の「子供又は兄弟姉妹」のことを,「被代襲者」といいます。
また,「一定の事実」のことを,「代襲原因」といいます。
そして,「その子供や直系卑属」のことを,「代襲者」といいます。
つまり,代襲相続とは,相続が開始して,相続人となるべき被代襲者が,代襲原因の存在によって相続できないときに,代襲者が代わって相続する制度のことです。