代償分割(だいしょうぶんかつ)

代償分割とは,遺産分けをする遺産分割の態様の一つで,遺産となる物を誰か特定の相続人が相続し,他の相続人はその物を相続しない代わりに,相続した人から代償金を受け取るような遺産分割のやり方のことです。遺産分割には,次のようなやり方があります。

・現物分割
一筆の土地を分筆してそれぞれ相続するような分割です。まさに現物を二つに割って分けます。
・共有とする分割
現物を分けられないときは,何人かで割合的に共有することもできます。
・換価分割
いっそのこと物を売却してしまい,その代金を相続人で分けるのがこのやり方です。
・代償分割
ある人が物を直接相続し,他の人が代わりに代償金を受け取るようなやり方です。この代償分割は,相続人が話し合いでする分にはいくらやってもかまいませんが,家庭裁判所の審判でするときには条件があります。相続財産が現物分割になじまないもので,相続人の全員がその方法をとることや遺産の評価額に納得していて,さらには物を相続して代償金を支払う相続人に代償金の支払い能力があるというような「特別の事由がある場合」にだけ,代償分割による遺産分割の審判を受けることができます。