宅地比準方式(たくちひじゅんほうしき)

市街地農地について相続税の計算するための財産評価の方式のことです。農地の財産評価は,純農地,中間農地,市街地周辺農地,市街地農地に分けて行われます。このうち市街地農地は,「宅地比準方式」又は倍率方式によって評価します。
要するに,市街地の農地は,宅地開発ができる可能性がある農地なので,他の農地と違い宅地並みの高い値段で評価しましょうということです。
具体的には,「その農地が宅地であるとした場合の価額(路線価又は近傍宅地の固定資産税評価額に宅地の倍率を掛けたもの)」から,もしその農地を宅地造成した場合にかかる費用として国が定めた「宅地造成費」を引いた額で評価します。