建物譲渡特約付借地権(たてものじょうととくやくつきしゃくちけん)

借地借家法が適用される土地の賃貸借契約のうち,30年以上先の日を決めて,この日に土地の上に借主が建てた建物を貸主が相当の対価で買取る特約をしたもののことです。その日に確実に借地契約が終了して,借地権が消滅するので,「定期借地権」と呼ばれます。
借りた土地に建物を建てて所有するための土地の賃貸借契約には,民法だけではなく,借地借家法が適用されます。こういう借地契約は,宅地として貸し出されることの多い契約なので,急な追い出しなどから住環境を守るために,借地借家法が借主を保護しています。
借地借家法が適用される普通の借地契約の場合,借主は,建物が存在している限り契約の更新を請求することができ,貸主は,高額な立退き料を支払うなど正当な理由がなければ土地を返してもらうことができません。
しかしすべての借地契約にそのようなルールを適用すると,土地を貸し出してくれる地主さんもいなくなるので,一定の期間で借地契約が終了する定期借地権の仕組みも用意されています。定期借地権の種類には,次のようなものがあります。

・一般定期借地権
契約期間50年以上で,必ず書面で契約します。
・事業用定期借地権
事業用建物を建てる目的で,契約期間は30年以上50年未満に限ります。契約は必ず公正証書でしないといけません。
・建物譲渡特約付定期借地権
上記のとおりです。