単純承認(単純承認)

相続が開始して,相続人としての立場にある人が,相続の効力を完全に認める意思表示のことです。相続が開始すると,相続人は,「自己のために相続の開始があったことを知った時から3か月以内」に,相続の承認をするか,「相続放棄」をするかを決めなければいけません。承認とは,相続を認めて相続人になることです。放棄とは相続を否定して相続人とならず,相続関係から離脱することです。なお,承認には,無限に被相続人の権利義務を承継することを認める「単純承認」と,相続した財産の範囲で,債務などを弁済するという条件付で相続を認める「限定承認」があります。
ところで,相続人が限定承認や相続放棄をするには,家庭裁判所に期限内に書類を出さなければいけません。これに対して,相続人が単純承認をするには,特に裁判所に書類を出す必要はありません。その理由は,以下のような事実があれば,単純承認をしたとみなされるとする法律の規定があるからです。これを「法定単純承認」といいます。
・相続人が財産の全部又は一部を処分したとき
・限定承認又は相続の放棄をしないで,上記の3か月が経過したとき