地上権(ちじょうけん)

他人の土地の上に,自分の工作物や竹木を所有することができる民法上の権利です。物を自分の物のように(直接的・排他的に支配)扱うことができる「物権」の一つです。地上権を発生させるには,地主との間で地上権設定契約という契約を締結します。
所有する予定の土地の上の工作物が建物である場合,この地上権には,民法のほか,借地借家法という法律が適用になります。住宅を建てるために,土地に地上権を設定するようなケースです。そのような地上権を,別名「借地権」といいます。
なお,地上権も,土地を使用することができる強力な権利ですので,相続税や贈与税の計算をするときは財産評価が必要です。