嫡出の推定(ちゃくしゅつのすいてい)

ある一定の事実関係のもとで生まれた子供を,嫡出子であると法律上推定することです。民法772条1項によって,法律上嫡出子だと推定されるのは,次のような子供です。

・妻が婚姻中に懐胎した子
・婚姻の成立の日から200日後に生まれた子
・婚姻終了の日から300日以内に生まれた子

なお,嫡出の推定が及んでいる子供について,父親が嫡出性を争うには,「嫡出否認の訴え」という特別の訴えによらなければいけません。子供の嫡出性は,この訴えによってのみ覆すことができます。この訴えは,夫が子の出生を知った時から1年以内に提起しなければなりません。