嫡出否認の訴え(ちゃくしゅつひにんのうったえ)

子供に法律上の嫡出推定が及んでいる場合に,父親がその嫡出性を争う唯一の方法です。もう少し厳格にいうと,嫡出否認の訴えとは,父親が「推定される嫡出子」の嫡出性を否認する法的な訴えのことです。
嫡出否認の訴えは,父親が,子の出生を知った時から1年以内に起こさなければいけません。
なお,子供が法律上嫡出子であると推定されるのは次の場合です。

・妻が婚姻中に懐胎した子
・婚姻の成立の日から200日後に生まれた子
・婚姻終了の日から300日以内に生まれた子

ところで,例えば婚姻成立の日から一週間後に生まれた子供は,上記に該当しないので,嫡出子としての推定が及びません。ただし,婚姻期間中に生まれているので,嫡出子として戸籍登録をすることができます。このような子供のことを,「推定されない嫡出子」といいます。推定されない嫡出子の嫡出性を争うのに,嫡出否認の訴えのような制限はありません。