調停前置主義(ちょうていぜんちしゅぎ)

訴訟提起をする前に,必ず裁判所の調停というステップを踏まなければならないという考え方です。普通法的な紛争の解決は裁判手続で行われます。ただし,家庭に関する紛争など,裁判所が法的に一刀両断で決めることが,必ずしも問題の解決にならない場合があります。裁判所で法的に裁判された後も,夫婦,親子,親族といった人間関係が完全に切れるものではないので,なるべくお互い理解し合って,人間関係を維持できるのが望ましいからです。家事事件で調停前置主義が適用されるのは,離婚,離縁,慰謝料の請求といった人事に関する訴訟事件などです。民事事件では,賃貸借契約における借賃増減請求に調停前置主義の考え方が適用されます。