調停分割(ちょうていぶんかつ)

裁判所の調停を利用して,遺産分けの遺産分割をすることです。相続が開始して,相続人が決まり,その相続分が分かったら,次に相続分を考慮しながら遺産分けの遺産分割をします。遺産分割とは,家などの個別具体的な財産を相続人に割り振って分配することです。遺産分割はまず相続人の話合いでしますが,話がまとまらないこともあります。そういう場合には,家庭裁判所に場所を移して,改めて,遺産分割調停というある意味公的な話合いをすることができます。遺産分割調停は裁判官の管理のもと,調停委員が話合いの仲介をしてくれます。話がまとまると,調停調書がつくられ,この書類を使って相続手続をすることができるようになります。このように,家庭裁判所の調停を利用してする遺産分割の方法のことを,調停分割といいます。
なお,遺産分割の方法はほかにもあります。どういう順番で,どういう方法を使うのか整理しておきます。次のとおり,上から順番にやっていきます。

・指定分割
亡くなった人が遺言でしている場合です。「長男に家を,次男に預貯金を」という具合にです。これがあると,亡くなると同時に,何もしないで遺産分割は完了します。
・協議分割
普通はこれです。相続人全員で話し合います。
・調停分割
話合いがつかなかったときは,改めて裁判所で話し合います。上記に説明したとおりです。
・審判分割
裁判所で話し合っても駄目なときは,裁判官に決めてもらいます。審判という決定によって,「こうしなさい」と決めてもらうのです。