直系尊属(ちょっけいそんぞく)

一方が他方の子孫の関係にある直系血族のうち,自分より上の世代にある者のことです。自分より下の世代にある者のことを「直系卑属」といいます。上の世代を尊属といい,下の世代を卑属というのは,現代の感覚では問題があるように思えますが,明治時代にできた民法が使用している法律用語として今でも通用しています。
なお,直系血族には,生理的に血のつながりのある自然血族と,養子縁組によって法的に親子関係を作られた法定血族があります。