賃貸借契約(ちんたいしゃくけいやく)

お金を払って人の財産を借り受ける民法上の典型契約(民法に書いてある契約)です。貸主には適切に財産の使用収益をさせる義務があり、借主には賃料を支払う義務があります。有償・双務・諾成契約とされます。有償とは、賃料という対価が発生することです。双務とは、先に述べたとおり、当事者双方が義務を負うことです。諾成とは、貸し借りをするという合意のみで契約が成立するという意味です。財産を実際に渡す前に契約が成立します。なお、建物の所有を目的とする土地の賃貸借契約と、建物の賃貸借契約は、民法に加えて、「借地借家法」という特別の法律が適用になります。