定期借地権(ていきしゃくちけん)

借地借家法が適用される借地契約(建物の所有を目的とする地上権又は賃借権)のうち,存続期間が50年以上で,契約の更新や建物の買取請求などをしないことを特約で決めたものです。
建物の所有を目的とする地上権や賃借権には,民法だけではなく,借地借家法が適用されます。住宅を建てるために結ばれることが多い契約なので,借主等がすぐに追い出しにあったりしないよう保護するためです。借地借家法が適用されると,契約期間が自動的に決められたり,期間が満了しても正当理由がないと出て行ってもらえないなど,相当強力に借主等が保護されます。ただそのように借主等を保護するばかりでは,地主が貸し出しを嫌がって土地の供給が減ってしまうので,特別の契約に限定して,定期で契約が終了する定期借地権契約を認めているのです。

なお,ここで説明したのは,一般定期借地権と呼ばれるものです。広い意味での定期借地権は,このほかにもあります。「事業用定期借地権」と「建物譲渡特約付借地権」と呼ばれるものです。それぞれ契約期間や契約内容が異なります。