登記原因証明情報(とうきげんいんしょうめいじょうほう)

不動産登記を申請するときに法務局に提出する書類(情報)として不動産登記法に定められている書類です。登記を申請する原因となった法律行為や事実関係を証明するために作成されます。
不動産登記とは,不動産の物理的な状況や,権利関係を,国の帳簿に登録して公開し,取引の安全に貢献する制度です。民法177条には,不動産の権利が変動したら,登記をしなければ,第三者に対抗できないと書かれています。不動産の取引をしたら,登記が不可欠だということです。登記をするのは,不動産の権利が変動した時です。権利が変動しなければ,登記をすることができません。どのように権利が変動したのかを記載したものが,登記原因証明情報です。